季語/冬の月(ふゆのつき)を使った俳句

「冬の月」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬の月」について

【表記】冬の月

【読み方】ふゆのつき

【ローマ字読み】fuyunotsuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・月氷る(つきこおる:tsukikoru)

・冬三日月(ふゆみかづき:fuyumikazuki)

・寒三日月(かんみかづき:kammikazuki)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬の月を含む俳句例

狼のかりま高なり冬の月/奚魚

襟巻に首引入れて冬の月/杉風

白波の上に更たり冬の月/闌更

冬の月軒すれ~に傾けり/篠原

塀裏の桐の木ずえや冬の月/朱仙

四辻にうどん焚火や冬の月/石友

雪よりも寒し白髪に冬の月/丈草

寝た家の外から白し冬の月/母斛

白雲や女の歯がすみ冬の月/立独

質置の彳む門や冬の月/黒柳召波

襟巻に首引き入れて冬の月/杉風

妻の座は厨に近し冬の月/飴山實

犬にうつ石の扨なし冬の月/太祇

池氷る山陰白し冬の月/藤野古白

宿坊へ案内の僧や冬の月/野村泊月

大工帰り佐官働き冬の月/永井龍男

冬の月提灯つりて道具市/松瀬青々

戸口から芦の浪花や冬の月/蒼きう

町内に湯屋が健在冬の月/高澤良一

しめなほす奥の草履や冬の月/惟然

俳句例:21句目~

無医村の消灯早し冬の月/高野清美

とも~に別るゝ心冬の月/稲畑汀子

濡れて居る梢も見えず冬の月/桃隣

浅からぬ鍛冶が寝覚や冬の月/白雄

荒天を鎮めて上る冬の月/川村甚七

次に見し時は天心冬の月/稲畑汀子

鳥影も葉に見て淋し冬の月/千代女

鳥は浮き魚はしづみて冬の月/才麿

木の影や我影動く冬の月/正岡子規

長安の糸より細き冬の月/有馬朗人

冬の月かこみ輝き星数多/高木晴子

此木戸や鎖のさゝれて冬の月/其角

冬の月高くなりつつ靄離れぬ/篠原

兀殿の先だち寒し冬の月/水田正秀

臍の緒のあと鹹し冬の月/柚木紀子

橙の色を木の間の冬の月/松岡青蘿

肝煎の手をはなれけり冬の月/曲翠

砂に埋む須磨の小家や冬の月/暁台

目のひかる夜咄ずきや冬の月/許六

松原や闇の上行く冬の月/藤野古白

俳句例:41句目~

炭売の戻る野道や冬の月/吉川天河水

いつも見るものとは違ふ冬の月/鬼貫

病院の門を出づれば冬の月/寺田寅彦

百品の旅の仕舞ひや冬の月/斯波園女

竹の幹太く勁くて冬の月/柴田白葉女

うす~とけぶる梢や冬の月/渡辺水巴

笛の音のいつからやみて冬の月/也有

この木戸や鎖のさされて冬の月/其角

しづかなる柿の木はらや冬の月/召波

しめ直す奥の草鞋や冬の月/広瀬惟然

ともどもに別るゝ心冬の月/稲畑汀子

なぐさめし琴も名残りや冬の月/万里

縁日や人散りかかる冬の月/寺田寅彦

冬の月黒き木仏木に戻り/宇多喜代子

軍門に据うる俘や冬の月/大須賀乙字

鋸山のやゝ東より冬の月/阿部美津子

階に我が影しるき冬の月/岩下ただを

一列のレグホン眠る冬の月/柿本多映

隻腕の河童にあひぬ冬の月/北園克衛

雪よりは寒し白髪に冬の月/内藤丈草

俳句例:61句目~

高々とポプラに風や冬の月/小杉綾子

鳥は浮魚はしづみて冬の月/椎本才麿

冬の月より放たれし星一つ/星野立子

冬の月女優志願と隣り合う/二村典子

冬の月寂寞として高きかな/日野草城

冬の月寂莫として高きかな/日野草城

冬の月屍は狂ふこともなし/小野冬芽

冬の月杉を燈まするあらしかな/木導

冬の月銀杏の枝の中にあり/松尾美子

厠の扉叩く子がゐて冬の月/松村蒼石

塀添ひに風流れをり冬の月/臼田亞浪

夜々おそく帰るや冬の月まどか/宵曲

大船や帆綱にからむ冬の月/高浜虚子

天測の北緯五十度冬の月/河合いづみ

よき夜ほど氷るなりけり冬の月/浪化

山庭に冬の月白あるばかり/瀧井孝作

廓近く来し俳句会冬の月/楠目橙黄子

影踏みの果てに上りぬ冬の月/橘孝子

我影の崖に落ちけり冬の月/柳原極堂

村へ帰る一青年と冬の月/青柳志解樹

俳句例:81句目~

束の間の冬の月さへ砕く波/竹屋睦子

松よりも杉に影ある冬の月/井上井月

尿放つ子の泪して冬の月/長谷川秋子

梨の木や結ひこごめたる冬の月/鳩枝

あら猫のかけ出す軒や冬の月/内藤丈草

いつも見る物とは違ふ冬の月/上島鬼貫

うきて行く雲の寒さや冬の月/斯波園女

桐の実の鳴る程なりて冬の月/井上井月

うちあげて津の町急ぐ冬の月/吉右衛門

びらびらはなき道筋や冬の月/広瀬惟然

狐狸のする空臼搗きや冬の月/松木星陵

むさし野は堂より出る冬の月/上島鬼貫

帰天せし母にまどかな冬の月/千原叡子

柝過ぎて後犬行くや冬の月/河東碧梧桐

亡き魂も出迎へよ門の冬の月/寺田寅彦

松原にとまる電車や冬の月/吉岡禅寺洞

見張り猿ゐる絶壁の冬の月/畑中とほる

夫行つてしまひぬ冬の月尖る/仙田洋子

此木戸や鎖のさゝれて冬の月/宝井其角

寒知らぬ島かも冬の月にいづる/及川貞

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ