季語/土用蜆(どようしじみ)を使った俳句

「土用蜆」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「土用蜆」について

【表記】土用蜆

【読み方】どようしじみ

【ローマ字読み】doyoshijimi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「と」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

土用蜆を含む俳句例

十三湖土用蜆の濁りあり/矢島渚男

土用蜆廚は水の匂ひかな/成瀬松濤

振り声も土用蜆や明石町/小坂順子

水亭の一椀土用蜆かな/阿波野青畝

人々に土用蜆のよろこばる/青山友枝

小人閑居土用蜆の小粒なる/井桁衣子

屑売りぬ土用蜆の代価ほど/風間ゆき

朝の湖濁して土用蜆掻く/玉木春の泥

離乳食土用蜆の上ずみを/遠藤アサ子

乾く地へ土用蜆の笊おろす/赤尾冨美子

土用蜆掻き揚げ小舟傾ぐほど/清水武子

土用蜆父母訪ふ朝に掬ひけり/篠田悦子

更けてより土用蜆の配られし/岩田昌寿

喪がつづき土用蜆の水を張る/宮地れい子

土用蜆母へも少し買ひにけり/星野麦丘人

じやらじやらと銭の音たて土用蜆/木田千女

土用蜆地下の売場を濡らしけり/蓬田紀枝子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ