季語/光琳忌(こうりんき)を使った俳句

「光琳忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「光琳忌」について

【表記】光琳忌

【読み方】こうりんき

【ローマ字読み】korinki

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「こ」で始まる夏の季語

・「夏の行事」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

光琳忌を含む俳句例

芒まだ青い草なり光琳忌/龍岡晋

西海の浦の鏡や光琳忌/石田波郷

洛北の径知り来つ光琳忌/松瀬青々

白壁にあをじ映れる光琳忌/石寒太

光琳忌きらゝかに紙走りけり/飴山實

薄紙に漉きこむ鳳蝶光琳忌/本多静江

なかなかに水の暮れざる光琳忌/森澄雄

米洗ひたるのち灯す光琳忌/神尾久美子

紫陽花に日照雨すぎゆく光琳忌/緒方輝

舟に剪るながき菖蒲や光琳忌/西本一都

かへるでの花の紅さの光琳忌/松本たかし

持つ壺のひとつを恋ヘり光琳忌/朝倉和江

絵の道に立つべかりしが光琳忌/阿部小壷

光琳忌水すれすれに錦恋/波戸岡旭「天頂」

抱一のたてし墓とよ光琳忌/中田余瓶「百兎集」

群青をゆたかに溶かし光琳忌/高浜虚子「虚子全集」

染め刷毛を洗ひてをりぬ光琳忌/山下喜代子「染め刷毛」

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ