季語/復活祭(ふっかつさい)を使った俳句

「復活祭」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「復活祭」について

【表記】復活祭

【読み方】ふっかつさい

【ローマ字読み】fukkatsusai

子季語・関連季語・傍題・類語など

・復活節(ふっかつせつ:fukkatsusetsu)

・渝越祭(すぎこしまつり:sugikoshimatsuri)

・イースター(いーすたー:isuta)

・イースターホリデー(いーすたーほりでー:isutahoride)

・イースターリリー(いーすたーりりー:isutariri)

・イースターエッグ(いーすたーえっぐ:isutaeggu)

・イースターカード(いーすたーかーど:isutakado)

・染卵(そめたまご:sometamago)

・彩卵(いろたまご:irotamago)

・パスカ(ぱすか:pasuka)

・パスハ(ぱすは:pasuha)

・パーク(ぱーく:paku)

季節による分類

・「ふ」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

復活祭を含む俳句例

胸に享く復活祭の染卵/石田波郷

の骨復活祭の皿に影と/宮津昭彦

復活祭山肌赫く海青し/大野林火

山下る復活祭の蟇の列/堀口星眠

透明なの近づく復活祭/駒志津子

復活祭隣家初子の幟立つ/及川貞

復活祭ひんやり蒼き潦/小池文子

復活祭表参道日の沈む/小泉瀬衣子

復活祭泥紅緑に耕耘機/百合山羽公

卵の影二重に復活祭の夜/有馬朗人

ながながと復活祭の朝の鐘/本井英

黒土に鉄骨植ゑぬ復活祭/香西照雄

湖の村に灯が入る復活祭/有馬朗人

白き物白く洗ひて復活祭/宇野弘子

牛舎まづ改築復活祭近く/宮津昭彦

復活祭手摺痛んだ階上る/難波筍子

復活祭芸する猿も西部風/北野民夫

蝶に翅鳥には翼復活祭/高橋美智子

顔に近づく犬の涙目復活祭/桂信子

髪上げて復活祭の風の中/大石悦子

俳句例:21句目~

強風に水の味する復活祭/下山光子

卵黄に血の一筋や復活祭/冨田みのる

港路に復活祭の馬車を駆る/飯田蛇笏

句碑除幕復活祭も遠からず/小路紫峡

復活祭一番鶏は野に出でて/古野洋子

復活祭心にあかり灯さるる/吉田たま

声出せば闇の膨らむ復活祭/墳崎行雄

復活祭手摺れ聖書に夫の文字/及川貞

星型の星はいずこに復活祭/池田澄子

藻にのりて金孵りぬ復活祭/堀口星眠

子等の掌の卵の赤し復活祭/吉本信子

復活祭雪嶺を青き天に置く/堀口星眠

船上に星のふえゆく復活祭/長嶺千晶

山鳩の二羽の歌垣復活祭/中村草田男

復活祭手擦れ聖書に夫の文字/及川貞

川原にも復活祭の人こぼれ/稲畑汀子

復活祭神父の腰に鍵あまた/有馬朗人

百穴に百の顔ありて復活祭/西東三鬼

片くりを庭に見出でぬ復活祭/及川貞

火の山の眉張り復活祭近し/吉田鴻司

俳句例:41句目~

復活祭胸にただよふ蝶の数/朝倉和江

復活祭傷口なめて犬ねむる/菖蒲あや

月の暈大き楕円や復活祭/松崎鉄之介

鎧扉の海にひらかれ復活祭/朝倉和江

雨粒小僧復活祭の池にはね/平畑静塔

雲割れて烏兎の輝き復活祭/丸喜久枝

妻にして脂取紙あり復活祭/石川桂郎

三女また修女を希ひ復活祭/景山筍吉

復活祭海の鹹さで藻が繁る/津田清子

女の手を腰に巻き来て復活祭/寺井谷子

ヨツトの帆復活祭の風はらむ/池田秀水

島の天鳶の輪あげて復活祭/下村ひろし

復活祭の卵見てゐる家鴨かな/仙田洋子

復活祭パイプオルガン全開に/井沢正江

復活祭丸く膨らむパンケーキ/川上澄男

扉を押して消えし風音復活祭/友岡子郷

復活祭妻が湯浴みの音も更く/村沢夏風

復活祭本寺の彌撒にめぐり逢ふ/三上孝

復活祭石炭船は黒き眼積む/磯貝碧蹄館

復活祭祝ぐ歌ミサも久しぶり/若林南山

俳句例:61句目~

知らされて復活祭の空仰ぐ/大類つとむ

復活祭聖書は兄の遺品なる/内海よね女

復活祭蜜蜂は蜜ささげ飛ぶ/石田あき子

復活祭赤き卵は子規も喰ひき/草間時彦

復活祭身辺まれにまことあり/井沢正江

復活祭近づく丘のはぐれ山羊/有馬朗人

復活祭雀らのこゑ葉裏より/古賀まり子

畑にある農夫ら若し復活祭/古賀まり子

祈るべく木椅子は浅し復活祭/鈴木栄子

粧ひて婢が休み乞ふ復活祭/下村ひろし

翅めきて鳴るは目貼よ復活祭/村越化石

若き心にともされし灯や復活祭/原月舟

藪を透く桃のさかりよ復活祭/木下夕爾

虻をのがれず復活祭の花抱え/平畑静塔

うつむきて影が髪梳く復活祭/寺山修司

車椅子の少女に耳環復活祭/冨田みのる

ひよどりに食む花多し復活祭/綾部仁喜

野を渡る風に湿りや復活祭/片山由美子

銃砲店かたく閉ざされ復活祭/南/典二

ももいろの羽を帽子に復活祭/山口青邨

俳句例:81句目~

ミルクこぼれ一面復活祭の夜/有馬朗人

雪箆をしまひしよりの復活祭/田村了咲

一振りの鍬かがやかす復活祭/影島智子

初燕圃にひるがへり復活祭/古賀まり子

馬車の荷の百花に風や復活祭/草間時彦

馬車馬の蹄の余韻/復活祭/中/ヤスヱ

唇づけて子の髪にほふ復活祭/大石悦子

塔下なる疾風の花や復活祭/水原秋桜子

路地狭き理髪師に来る復活祭/有馬朗人

真つ白なブラウス復活祭のミサ/都筑智子

べっとりと連翹黄なり復活祭/百合山羽公

復活祭木の芽起しの風つどふ/下村ひろし

復活祭涛にひびきのありにけり/荒川心星

継目なき神父のカラー復活祭/加藤かけい

翔つものの羽裏ましろき復活祭/古田冴子

さらさらと葱に風くる復活祭/大木あまり

復活祭ひつぱつてみる猫の髭/飛田小馬々

かさなつて仔犬ねむれり復活祭/三嶋隆英

復活祭パイプベッドに足の裏/三浦加代子

蟻塚をしやがみ見る子や復活祭/河田博之

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ