季語/札納(ふだおさめ)を使った俳句

「札納」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「札納」について

【表記】札納

【読み方】ふだおさめ

【ローマ字読み】fudaosame

子季語・関連季語・傍題・類語など

・納札(おさめふだ:osamefuda)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

札納を含む俳句例

藪深き雪の厄塚札納/鈴木鵑子朗

呼び換す阿呆鴉や札納/野村喜舟

雨の中大神宮に札納/橋本こま女

身弱きが故の信心札納/今井奇石

伸び上り高く抛りぬ札納/高濱虚子

大松明舁きて門出づ札納/大網信行

神々を袋詰めにし札納/太田三映子

大香炉火を噴きにけり札納/山口青邨

妻に蹤き俄か詣てや札納め/村上鬼城

摂待の札所や札の打ち納め/子規句集

風呂敷を大事にほどく札納/古田/清

札納め水引の縒れ正しけり/毛塚静枝

納め札いまぞと抛る焔かな/千葉玲子

鈴鹿よりくる風花か札納め/草村素子

人を恋ふ鹿に見られて札納/大島民郎

大闇の風あらあらし札納め/羽紫鏡女

この宮の我も氏子よ札納/阿部みどり女

はるかなる城の夕映え札納/矢崎てる女

トラックの来て運び去る札納/原島悦子

札納目なしだるまも納めあり/水内菊代

俳句例:21句目~

火に溺る願ぎごとあまた札納/土生重次

札納めて賑ふ町に小買物/阿部みどり女

納め札焚けば炎のそれぞれに/須藤妙子

薬師寺に札を納めて日は高し/斎藤夏風

蝋涙のかゝりし札を納めけり/永橋並木

大達磨火を噴き上ぐる札納め/坂本俳星

札納燃えて浮き出す神の文字/田原央子

雑然として札納められてあり/北澤瑞史

風に散る納め札あり勿体なや/柏崎夢香

かちかちと切火かけけり札納め/岡野知十

めつぽふな青空になる札納め/吉野たちを

神近くまします札を納めけり/松尾いはほ

札納め色羽根買うてもどりけり/星野立子

我宮と思ひ納むるお札かな/長谷川かな女

夕べには巫女もゐずなり納め札/江場春子

まじりある片目だるまや札納め/榎並美代子

みやしろの燃ゆる松明札納め/渡辺/寿栄子

納めたる札もちらばる木の葉かな/浜田波静

札納めて遠く拝しぬ帰りぎは/阿部みどり女

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ