季語/鞴祭(ふいごまつり)を使った俳句

「鞴祭」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鞴祭」について

【表記】鞴祭

【読み方】ふいごまつり

【ローマ字読み】fuigomatsuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・吹革祭(ふいごまつり:fuigomatsuri_)

・踏鞴祭(たたらまつり:tataramatsuri)

・鍛冶祭(かじまつり:kajimatsuri)

・稲荷の御火焚(いなりのおほたき:inarinohotaki)

・蜜柑捲(みかんまき:mikammaki)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

鞴祭を含む俳句例

鞴祭の頭に来る朝雀/皆川盤水

神主の赤装束や鞴祭/橋本對楠

鞴祭燧石にて火を創り/平野照子

一門の鞴祭のあとの酒/三木朱城

しきたりの鞴祭に軸なく/重松翠月

削りあぐ月に星散り鍛冶祭/赤松子

刀匠はいつも和服で鞴祭/山崎浩石

坑長を上座に鞴祭かな/奥山金銀洞

夜中より鞴祭の風荒るゝ/仙波花叟

神酒酌む鞴祭の欠け茶碗/小島禾汀

雨しぶく鞴祭の唄はずむ/佐藤鬼房

鞴祭鉄の山に塩を撒く/藤井艸眉子

相鎚の火花はげしき鞴祭/塚本美恵子

野鍛冶より育ちし工場鞴祭/田中光峰

鞴祭の鞴の錆に注連噛ます/吉田鴻司

鞴祭洗ひてもくろき指太し/大塚茂敏

鞴まつり一炉飾りて一炉燃ゆ/渡辺昭

相槌の父亡き鞴まつりけり/宮下麗葉

相槌の子の逞しや鍛冶祭/河内きよし

遠方の鍬主見えぬ鍛冶祭/河東碧梧桐

俳句例:21句目~

吹革祭金座銀座の蜜柑まき/中川四明

ゆきあたりばったり鞴祭かな/永末恵子

子の継がぬ工場守りて鞴祭/田辺野風楼

弟子もなく夫婦村鍛冶鞴祭/小原菁々子

神殿も御簾巻きあげる踏鞴祭/村上冬燕

行きずりの鞴祭にしばらくは/小原澄江

鍛冶の水入れかへ鞴祭りけり/谷口博雲

鉱炉まぶし鞴祭の盃受くる/槫沼けい一

鞴祭老のいつこく極まれり/米沢吾亦紅

死ぬまでは働く鞴まつりけり/宮下麗葉

鞴まつり鋳司春治は酔ひほうけ/上村占

ふいご祭屑鉄山と灯をわかつ/池上樵人

鞴祭をさなき弟子はキネマ見に/田村了咲

あとを継ぐ弟子なき鞴まつりけり/高橋春灯

迦具土の護符の厚さよ鍛冶まつり/和田孝子

酔うてゐる鞴祭りの女房かな/吉武月二郎句集

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ