季語/春近し(はるちかし)を使った俳句

「春近し」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春近し」について

【表記】春近し

【読み方】はるちかし

【ローマ字読み】haruchikashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春隣(はるとなり:harutonari)

・春を隣(はるをとなり:haruotonari)

・春隣る(はるとなる:harutonaru)

・春まぢか(はるまぢか:harumajika)

・春を急ぐ(はるをいそぐ:haruoisogu)

・春の急ぎ(はるのいそぎ:harunoisogi)

・春遠し(はるとおし:harutoshi)

・春遠からじ(はるとおからじ:harutokaraji)

・春やは遠き(はるやはとおき:haruyahatoki)

・春風近し(はるかぜちかし:harukazechikashi)

・明日の春(あすのはる:asunoharu)

季節による分類

・「は」で始まる冬の季語

・「冬の時候」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

春近しを含む俳句例

蹲る枯枝の鳩や春隣/風生

足音の裏に廻りつ春隣/源義

洗場の鍋に蜷つく春隣/泊雲

滑稽な友の話や春隣/河野静雲

春近き三年味噌の名残哉/李由

春近し僧の机に農暦/川村紫陽

駐輪場光満杯春近し/高澤良一

桜島煙を上げて春隣/高野素十

春近し空に影ある水の色/百間

頬杖に雨音ばかり春隣/森澄雄

切株の裏新しくて春隣/上野泰

春近し問ひ試みよ宿の梅/宗因

銀鼠色の夜空も春隣/飯田龍太

孫に買ふ勉強机春隣/杉田竹軒

夕靄の峡折々や春隣/尾崎迷堂

六甲の端山に遊び春隣/高濱年尾

看護婦の大き叱声春隣/高澤良一

壺に注ぐ水の音階春隣/中川和子

盆栽の橙黄なり春隣/寺野守水老

地を摶つて雀あらそふ春隣/星眠

俳句例:21句目~

墓原に育ちし犬や春隣/増田龍雨

館守る老の独り碁春隣/奈良文夫

測温測圧検尿採血春隣/高澤良一

鍵をどる自動演奏春隣/山本武司

春近し貨物を捌く大きな掌/林徹

海界に金の綰や春隣/八木林之介

春近き雪よ霞よ淀の橋/松瀬青々

春近く榾つみかゆる菜畑哉/亀洞

学校は村立菩薩春近し/古舘曹人

読み措きて灯し急がず春隣/耒井

春近し時計の下に眠るかな/綾子

峠星美しくなりぬ春隣/大森桐明

襦袢縫ふ待針赤く春隣/菖蒲あや

春隣燈下子の髪漆黒に/加畑吉男

裏富士の膚迫りて春隣/井上康明

枯桜灯ちらばり春近し/野澤節子

松立てゝ手洗ふ程に春近し/成美

一天に比ぶ日と月春隣/深谷雄大

三方の玻璃輝きて春隣/上野章子

串柿のほたほたなれや春隣/犀星

俳句例:41句目~

春近き甲斐や身延の奥の院/十橋

春近し雪にて拭ふ靴の泥/沢木欣一

鶏鳴の卵産むこゑ春近し/幸まつ子

髦をねんごろに梳く春隣/須田蘇風

駅弁の箱うつくしき春隣/小林松風

春いまだ椋鳥何の歓声ぞ/堀口星眠

春隣幼なき子規の横顔も/山本洋子

雨雫はしる小枝や春隣/成瀬正とし

朝ぬれし雨の枝々春近し/室生犀星

金の雪紺の雪春遠からじ/齋藤愼爾

里人の寄り合ひ多き春隣/小林景峰

車窓より瀬戸の島山春隣/星野立子

観劇の切符むらさき春隣/山田弘子

春隣雨氷上をながれけり/石原舟月

行きずりといふ漣や春隣/伊藤淳子

一列に待つ二階バス春隣/白井良治

春近き湖一定や比枝の坊/尾崎迷堂

夜は雲の東に透きて春隣/野澤節子

春近き銀座の空を鴎飛ぶ/大谷句仏

夢をみるための手枕春隣/信濃小雪

俳句例:61句目~

春近き雨の流るゝ廂かな/内田百間

地を叩く夫の縄飛び春隣/蕪木啓子

浜の砂とぶ駅にゐて春隣/友岡子郷

千羽鶴万羽吊られて春隣/高橋悦男

地球儀も机辺の一つ春隣/大津希水

子の客が来て子の笑ひ春隣/上野泰

自画像が我を見てゐる春隣/堀政尋

波伸びて砂を走りぬ春隣/稲畑汀子

伸び縮む鳩の瑠璃首春隣/高澤良一

春隣おろし金にも裏表/鈴木真砂女

小机に縛られゐるや春隣/石田波郷

小鼓の一打の間合ひ春隣/六本和子

一日の雨の明るき春隣/小沢としい

冬と春近づき離れ箴の音/中村路子

春近く桜の幹のいぶし銀/高澤良一

春近し石段下りて薺あり/高野素十

猫葬る春近き土深く掘り/奈良文夫

春近したゞ麦畑の夕日影/尾崎迷堂

枯蔓のこんがらがりて春隣/岸田稚

弁当の胡麻散る飯や春隣/小川軽舟

俳句例:81句目~

亀の子われに問へ春近きや/太宰治

春遠し唇の雪舌もて舐め/相馬遷子

手捻りの壷に笑窪や春隣/矢崎良子

打ち込みしままの鉞春隣/宮坂静生

春近み花時計にて待合す/茂里正治

夕空は青とり戻し春隣/深見けん二

春近しわが教材の相聞歌/中田樵杖

飼鶏の妻になじみて春近し/島田青峰

ざぶざぶと水扱ふや春隣/寺野守水老

しきる雨ひとつの蠅も春隣/木津柳芽

ひそかなる鹿の咀嚼も春隣/丸山哲郎

ひたすらに籠りし我に春近し/上村占

よべの雨春隣まで来りけり/高木晴子

ペン皿の燈りに光り春近し/内田百間

ヤリ烏賊の前進後退春近し/高澤良一

人嫌ひいささか募り春隣/田川飛旅子

仲見世や櫛簪に春近し/長谷川かな女

伸び~て寒竹の子や春隣/岩谷山梔子

低く黄色い月の大きく春隣/館岡沙緻

剥落の土塀の厚み春隣/大豆生田耕一

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ