季語/梟(ふくろう)を使った俳句

「梟」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「梟」について

【表記】梟

【読み方】ふくろう

【ローマ字読み】fukuro

子季語・関連季語・傍題・類語など

・母食鳥(ははくいどり:hahakuidori)

・梟鳴く(ふくろうなく:fukuronaku)

・しまふくろう(しまふくろう:shimafukuro)

・しろふくろう(しろふくろう:shirofukuro)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

梟を含む俳句例

梟のむく~氷る支度哉/一茶

梟や底光りせる皿秤/中田剛

梟に白装束の夜の富士/有働亨

稲妻や梟の臥ところまで/李遊

梟や柱に古ぶ火伏札/高橋悦男

梟の夢にも船の大鏡/夏石番矢

熔岩山に梟鳴ける良夜哉/篠原

梟の顔の回転また回転/森田峠

夜さくらに梟を追ふ礫かな/是宕

大風呂の貝ふく迄や大根引/几董

梟の聲にみだれし螢かな/泉鏡花

梟の空でわらふや鉢叩/松瀬青々

梟や聞耳立つる三千騎/正岡子規

梟の置物模糊と昼寝覚/高澤良一

梟や米櫃に母米満たす/榎本好宏

己を視むと梟の顔廻す/大島雄作

梟や机の下も風棲める/木下夕爾

梟や桐畑中の家低き/金尾梅の門

老眼と言い梟の前にいる/澁谷道

稲淵の梟よ日の柞山/藤田あけ烏

俳句例:21句目~

梟の眼に冬の日午なり/子規句集

梟に雪山星を加へけり/山下竹揺

梟や坊主頭に変身す/佐々木六戈

二方に梟の啼く月なり/北原白秋

物体として梟の昼の顔/田波富布

梟がほうと苗代寒の宵/野田歌生

梟にあはぬ目鏡や朧月/榎本其角

梟鳴く暗い量感窯場の火/三谷昭

口拭ふ梟の羹旨かつし/松瀬青々

梟淋し人の如くに瞑る時/原石鼎

梟や住めば都と譬ふれど/石昌子

梟に夢を託して眠る森/村越化石

梟をなぶるや寺の昼狐/正岡子規

夕焼の中に危ふく人の立つ/爽波

梟や松の瘤には昼居ける/尾崎迷堂

梟のひと声のみの古墳山/岩井治子

ある夜来て梟啼きぬ幟竿/正岡子規

月見草梟の森すぐそこに/川端茅舎

梟の目玉見に行く星の中/矢島渚男

梟があげて満月二つあり/和知喜八

俳句例:41句目~

梟が啼いて安心母にあり/山尾玉藻

梟が啼きゐて桜月夜かな/草間時彦

梟や時の向かうに影の国/齋藤愼爾

梟や昔むかしの星隕ちて/齋藤愼爾

梟の笛吹いて梟より淋し/矢島渚男

梟や唾のみくだす童の目/加藤楸邨

梟となり天の川渡りけり/加藤楸邨

梟の夜も寐るらん秋の雨/藤野古白

梟や口真似すれば杜の中/寺田寅彦

梟に人事不省の響きあり/櫂未知子

梟も死なねば凍ぬ梢かな/加舎白雄

梟も大僧正も居るには居る/林朋子

梟に月くもり出づ奥椎葉/羽田岳水

梟は山の深息子をあやす/矢島渚男

顔立てて梟勿体ぶった様/高澤良一

顔剃らせゐて梟のことおもふ/橋石

頭の中に梟のゐて点滴中/赤尾恵以

山の宿梟啼いてめし遅し/高濱虚子

ふく汁や恐れをなして喉の関/言水

梟首なり西瓜提灯日数経て/坂井建

俳句例:61句目~

真夜中に梟鳴きぬ梅雨の入/原石鼎

梟の金色の目は雪呼ぶ目/清水緑子

梟の顔あげてゐる夕かな/三橋敏雄

梟や記紀の山々とはの闇/齋藤愼爾

梟の闇を点せり嵯峨豆腐/西村公鳳

病棟の十時は深夜梟鳴く/磯村翠風

梟のこゑ裏返る余寒かな/吉田紫乃

梟の貌立て直す真暗がり/高澤良一

大きな眼二つ画けば梟哉/青木月斗

大接心梟ももの思へとや/橋本榮治

梟の谺のこもる月の杜/つじ加代子

元朝の梟鳴くなり瑞泉寺/皆川白陀

委細面談梟の待つ夜かな/森田緑郎

姥巫女が梟抱いて通りけり/泉鏡花

梟の口を開きて声もなく/岸本尚毅

八咫鏡梟に皺ありにけり/各務耐子

胸に夜々梟が棲み呆と鳴く/三谷昭

涸磧梟師は長影をひき/宇多喜代子

梟の来ぬ夜も長し猿の声/立花北枝

梟や石の鳥居に月照れば/野村喜舟

俳句例:81句目~

梟や火箸を深く灰に挿し/江頭信子

文鎮の梟の貌夜も更けた/高澤良一

玄関の梟の額にまづ年賀/加藤楸邨

草笛をふく川幅の老詩人/橋石和栲

梟の視界は深紅かもしれぬ/杉良介

明け近き梟の聲や散る櫻/内田百間

梟や干葉で足蒸す夜頃なり/富田木歩

梟や愛を語るにこともなげ/二村典子

梟や振り子時計の少なくなり/皆吉司

梟や燠にちらりと炎立ち/鷲谷七菜子

梟や産後の膳を燈のもとに/中山純子

梟や白湯一杯を寝る前に/木倉フミヱ

梟や竹の木偶泣く裏に啼く/吉田紫乃

梟や闇のはじめは白に似て/齋藤愼爾

梟を飼ふ高層を生きるため/櫂未知子

梟啼くあべこべの世が近づくぞ/原徹

とまり木の梟二つ寄り合はず/森田峠

とんでもなき縞梟の胸の内/高澤良一

梟笛吹かうよ深みゆく秋を/川井玉枝

梟首を見たる絵本や秋暑し/野村喜舟

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ