季語/波の花(なみのはな)を使った俳句

「波の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「波の花」について

【表記】波の花

【読み方】なみのはな

【ローマ字読み】naminohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・波の華(なみのはな:naminohana_)

季節による分類

・「な」で始まる冬の季語

・「冬の地理」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

波の花を含む俳句例

担ぎ出し洗ふ大樽波の華/下田稔

燈台の点滅に浮く波の花/林照江

幻の過ぐるは速き波の花/前田正治

海沿ひを走る鈍行波の花/斉藤葉子

降り積る雪より白し波の花/浦幸雪

放下して巌くろがね波の華/下田稔

波の華走りころがり部落口/岸田稚

波の花と雪もや水の返り花/松尾芭蕉

波の花湧きたつ闇の村はづれ/井上雪

波の花蝶にならむと岩の上/田中英子

波の花飛ぶ風音と変りけり/下谷行人

絶壁を登りつ飛びつ波の花/藤本朋子

シベリアの風が紡ぎし波の花/辻口静夫

吹雪より波の花また高舞へり/桑田青虎

波の花ふたたび波に帰るあり/豊原月右

波の花昨日のバスの運転手/小林こみち

波の花舞ひて曽々木の陣太鼓/村本畔秀

注連縄につながるる巌波の花/梅木酔歩

能登荒磯曾々木の空の波の花/石原八束

顔ほどの波の花飛ぶ能登荒磯/中川雅雪

俳句例:21句目~

奥能登の淋しさつのる波の華/定梶き悦

鵜の飛ぶは悲しき眺め浪の華/久国兆元

浪の花飛んで来る日の雪囲/後藤比奈夫

波の花ぶつかり合ひて松が枝に/千田一路

波の花能登最果ての晴れて見ゆ/山本満義

漁師駆けトマトしばらく波の花/対馬康子

波の華上がり切りたる虚空かな/塗師康廣

浪の花洗ふ障子をはしりつゝ/阿波野青畝

ほうほうと波の華てふもの飛べる/行方克巳

波の華生れて消ゆるも波狂ひ/長谷川久々子

浪の花もまれゐるうち吹き飛びぬ/加藤絹子

簗打ちやさゝらささらと浪の花/阿波野青畝

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ