季語/草取(くさとり)を使った俳句

「草取」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「草取」について

【表記】草取

【読み方】くさとり

【ローマ字読み】kusatori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・草むしり(くさむしり:kusamushiri)

・除草(じょそう:joso_)

・草取女(くさとりめ:kusatorime)

季節による分類

・「く」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

草取を含む俳句例

草取の腰の袋の寶物/田中裕明

菊畠や草取る人の髯袋/羅蘇山人

神殿に一礼深き草取女/小島左京

除草機を通す青田の青櫛目/羽公

国分寺跡に昼餉や草取女/森かほる

草取はせず炎天を唯眺め/高澤良一

病よくなられ老僧草むしり/上野泰

草引くを愚かとや見む蟇/岡本まち子

百姓の手よと笑はれ草引くも/谷迪子

二番草取って百姓少し閑/是木/二楽

展望鏡裡点々草取る作業囚/奈良文夫

濁み声で男あるきの草取女/西本一都

粟の草取るや着茣蓙に風もなく/篠原

大門や涼がてらの草むしり/小林一茶

話し寄り話し別れて草取女/富安風生

草取し笠の辛苦をかゞし哉/高井几董

草取の大夕焼にそまり来る/遠藤麗花

草取の膝敷茣蓙の小ささよ/高倉観崖

夕立や笠持合はす草むしり/野村喜舟

除草後の雨いきいきと慈顔仏/河野南畦

俳句例:21句目~

晴に出て園草むしり爐を忘る/高田蝶衣

沖に湧く光雲除草とめどなし/成田千空

背骨の型に褪せ草取の紺絣/加藤知世子

涼しさや草むしり巌うごかすと/中田剛

火祭をあすに草引くお滝みち/茂里正治

草むしる汁顔にとび晩夏かな/細見綾子

草引きて夕べは甘きもの欲す/沢木欣一

草引きて天道虫をさまよはす/立花豊子

草引くは無限の業の草を引く/相馬遷子

蜻蛉や草取り飽きし別野守/石島雉子郎

夕刊が来て終りとす草むしり/橋本風車

ふるさとに帰り草引く農婦ぶり/沢木欣一

ひとりゐてひとりの暮色草取女/宮田正和

億劫となり老いらくの草むしり/國吉ヤス

腰曲げしまま歩き出す草取女/松本ヤチヨ

草取るや蚊打ちて胸に泥手形/市村究一郎

草取女つぶらに汗の眸をあげぬ/石原舟月

草取女人の見てゐぬところかな/古舘曹人

草引きし顔のほてりの夜も冷めず/澤ゑい

垣外に草引かれある遅日かな/島村元句集

俳句例:41句目~

子の日草引き捨ててある岩の上/古川芋蔓

庭の草引いて所在のなき如く/浅井青陽子

草引いて水さらさらと流れしむ/百瀬美津

草引女てんでに帰りみな一緒/波多野爽波

草引いてより鬼灯の花見ゆる/石井とし夫

田草引く棘ある草を憎みつゝ/五十嵐哲也

草むしり椋鳥のごとくに五六人/依光陽子

除草器を担い甲虫のごとくなる/金子兜太

妻かなし転居の日まで草引いて/松尾緑富

除草機と帰る遠くの青田より/百合山羽公

除草機や助けをかりず女の手/百合山羽公

清明や草引く指に血が差して/蓬田紀枝子

螺旋階下りきし人や草むしる/波多野爽波

草取りのはれに染めなす柿苧かな/浜田酒堂

草引いて小さき城守る主婦として/山田弘子

草引くと子どものこゑが地中より/宮坂静生

菖蒲田の草引く場所をまだ変へず/西村和子

庭の木のみな年寄りぬ草むしり/波多野爽波

草引くや紫蘇の一叢のみのこし/青柳志解樹

草むしりトマトの苗のしをれけり/滝井孝作

俳句例:61句目~

除草機を押すに子を負ふ故ありや/萩原麦草

草むしる虫のいろいろまろび出て/松林尚志

除草機の歩ごとのはづみ胸にくる/安藤五百枝

草引くや草の生ま身のにほひたる/櫛原希伊子

野馬追武者昨日田の草取りゐたり/松崎鉄之介

除草機押すひとりびとりの孤独境/伊丹三樹彦

日の照れば帽子いただき草むしり/小沢青柚子

放課後の草取り雲の名を言ひ合ふ/水野真由美

草取りを止むるタイマー鳴りにけり/服部たか子

今朝の夢を忘れて草むしりをして居た/尾崎放哉

草引くに調理器のベルに呼ばれをり/平井さち子

除草婦にロベリヤの紫が近くあり/阿部みどり女

かく癒えて除草の列のすすむなか/赤城さかえ句集

お暑うといつても耳の遠い草取りにきている/荻原井泉水

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ