季語/蕗の薹(ふきのとう)を使った俳句

「蕗の薹」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蕗の薹」について

【表記】蕗の薹

【読み方】ふきのとう

【ローマ字読み】fukinoto

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蕗の芽(ふきのめ:fukinome)

・蕗の花(ふきのはな:fukinohana)

・蕗のしゅうとめ(ふきのしゅうとめ:fukinoshutome)

季節による分類

・「ふ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

蕗の薹を含む俳句例

煎蠣に咲くや此花蕗の薹/几董

蕗の薹紫を解き緑解き/後藤夜半

鎌倉の滑川辺の蕗の薹/石原八束

元船の水汲うらや蕗の薹/炭太祇

蕗の薹水に浮して洗ひけり/篠原

蕗の薹階も小幅に女寺/花田春兆

朝市の雪の戸板に蕗の薹/山口一草

本堂に泊りて別れ蕗の薹/田中裕明

水洗ひすれば佛や蕗の薹/清水径子

迸る水のほとりの蕗の薹/野村泊月

鉄色の蕗の枯葉と蕗の薹/永井龍男

蕗の薹峯には雪のまだ高し/梅暁女

中江藤樹先生袂より蕗の薹/龍岡晋

やぶ入の藪かきならす蕗の薹/二貞

春の蕗母金色に煮てくれぬ/脇祥一

養父入の客のとりけり蕗の薹/木導

音止の瀧の音澄む蕗の薹/青木重行

雪脱いで数を恃める蕗の薹/岸田稚

冴え~と鳶笛吹けり蕗の薹/飴山實

岬の端や萌出て傷む蕗の薹/岸田稚

俳句例:21句目~

蕗の薹垣根の下に一二寸/羅蘇山人

蕗の薹靴の爪先傷つけて/岡田史乃

蕗の薹青空雲の中にあり/小山京子

蕗の薹佇めば昏る歩くべく/岸田稚

物咎ム伏見の畑や蕗の薹/高井几董

蕗の薹噛むや人の死西東/渡辺桂子

夙くくれし志やな蕗の薹/高浜虚子

蕗の薹貰ふ口上いつも同じ/及川貞

蕗の薹貰ひ地酒の封を切る/林照江

襲ねたる紫解かず蕗の薹/後藤夜半

春の蕗母金色に煮てくれぬ/脇祥一

神饌の一つに加へ蕗の薹/木内彰志

蕗の薹妻への債重ねつゝ/小林康治

三日きざむ南の国の蕗の薹/小池文子

乾きたる垣根の土や蕗の薹/高浜虚子

鎌よりも指が鋭き春の蕗/大木あまり

激浪や巌にしつかと蕗の薹/西村公鳳

佳節の気象地に青き蕗の薹/石井露月

無住寺の鍵大きめに蕗の薹/角川春樹

鉄管に水奪られたる蕗の薹/右城暮石

俳句例:41句目~

古垣の繩ほろと落つ蕗の薹/室生犀星

同じ事同時に言へり蕗の薹/高橋良子

野鼠の穴ぽつかりと蕗の薹/太田土男

焼跡となりて久しや蕗の薹/高濱年尾

土すこし抱きし寒の蕗の薹/野沢節子

枯笹や氷室すたれし蕗の薹/室生犀星

煎餅と置かれて蕗の薹不興/亀井糸游

蕗の薹村のひとりは出臍かな/瀧春樹

このあたり貝塚つづき蕗の薹/上村占

重連の機関車そして蕗の薹/小野希北

酒後の尿金色なせり蕗の薹/遠藤梧逸

天日にあふのけざまや蕗の薹/斎藤玄

遠く去るものへ風吹き蕗の薹/桂信子

踏みいりて土柔かし蕗の薹/中野昇旭

見て過ぎし仏の坂の蕗の薹/益田白堂

定期バス走るお山や蕗の薹/岡田日郎

蕗の薹を黄の蝶とみし犀星忌/井上雪

山川の香りはじめの蕗の薹/野澤節子

蕗の薹日のさす方に傾きて/村井信子

蕗の薹ながきこと雲朱かりき/中田剛

俳句例:61句目~

母もせし金網で焼く蕗の薹/細見綾子

鎌よりも指が鋭き春の蕗/大木あまり

雪國の春こそきつれ蕗の薹/西島麥南

蕗の薹雲の中より巨人の手/斉藤美規

蕗の薹摘まむや胸の酒算段/石塚友二

蕗の薹けふの泊りの一集落/高澤良一

芳しや雪間をわけて蕗の薹/島田青峰

まろびくるものに子の声蕗の薹/林翔

蕗の薹厨の水が田にしみて/桜井博道

隠家や三逕荒に就て蕗の薹/尾崎紅葉

蕗の薹影一寸の日暮かな/大城きせの

蕗の薹萌えて浄土と思ひけり/秋澤猛

蕗の薹傾く南部富士もまた/山口青邨

蕗の薹翁さぶてふ語を愛す/小林康治

涙目に見ありく背戸や蕗の薹/原石鼎

忌の中に摘む真青な蕗の薹/豊島紀久

日あたりや蕗より繁き蕗の薹/森鴎外

蕗の薹算段もなき夫婦にて/皆川白陀

皆水に浮きぬ手桶の蕗の薹/星野立子

蕗の薹石卸すまで口きかず/西本一都

俳句例:81句目~

蕗の薹焚火に焦げし花開く/茨木和生

蕗の薹泉下の事を語らすや/尾崎紅葉

縦横に風地をめぐり蕗の薹/栗生純夫

春寒の凝りてや蕗の薹青し/石井露月

淙々と天ひびきをり蕗の薹/澤田緑生

三徑の人もこそ踏め蕗の薹/松瀬青々

蕗の薹ほどの夢もち甲陽忌/村越化石

飛騨暮るゝ雪解湿りに蕗の薹/前田普羅

首だして気圧の谷の蕗の薹/小玉真佐子

一病の道づれ長しふきの薹/川下かつえ

命終のとき欲しき風ふきのとう/渋谷道

この畦を祝ぎに葬りに蕗の薹/小原樗才

一握の春の蕗摘む線路ぎは/柴田白葉女

こぼさずに虹の雨溜め蕗の薹/宮津昭彦

ほのぼのと大和三山蕗の薹/鷲谷七菜子

まだ淡き日矢の手さぐり蕗の薹/吉本昴

まだ風の色にまぎれて蕗の薹/今瀬剛一

みちのくの緑は蕗の薹よりぞ/福田蓼汀

みほとけの素足はるけし蕗の薹/原和子

よき草のなれも数なり蕗の薹/井上井月

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ