季語/噴水(ふんすい)を使った俳句

俳句例:101句目~

どしやぶりの雨の中なる噴水よ/辻桃子

噴水の止まれば水の古びけり/西田豊子

噴水の聞こえて来たる植木市/岸本尚毅

噴水を撓め葉桜を薙ぐ風雨/大橋櫻坡子

噴水の穂を折る高さ違へたる/池田秀水

噴水を遠巻に夜の来りけり/合田丁字路

噴水の霧の射程に身を置けり/鈴木栄子

圧低き噴水たらたら自ら濡れ/津田清子

噴水をひきたてゝゐる空の色/美濃霜月

わがゐて噴水曲つておちる/栗林一石路

夏の雨はや噴水を降りつつむ/内藤吐天

噴水の空より雨の落ちて来し/藤松遊子

レマン湖を水盤として大噴水/鷹羽狩行

亀あまた噴水浴びて石となる/関口成生

噴水や陽は女学生らのにおい/対馬康子

人をらぬ噴水ひたにゑがく虹/木下夕爾

低き細き噴水見つつ狂者守る/西東三鬼

噴水の虹鉄神のオルゴール/八木三日女

噴水の玉とびちがふ五月かな/中村汀女

夜までは騙されている噴水よ/高澤晶子

俳句例:121句目~

噴水や空へ小踊りしては落つ/斎藤石雲

噴水の穂の玉となり線となり/大隈草生

噴水も濡れたる岩も涼しかり/寺田寅彦

噴水の音をいくつか森は秘め/山本歩禅

噴水にすこし離れて待ち合はす/東天紅

噴水にはらわたの無き明るさよ/橋間石

噴水の穂をはなれゆく水の玉/後藤夜半

噴水の飛沫幼な児泣かず受く/右城暮石

噴水やふりかくされて雨の中/鈴木花蓑

噴水に崩るる愉悦ありにけり/丸山靖子

日のかげり来し噴水の力づく/右城暮石

月の出や噴水凋み凋みて熄む/石田波郷

噴水に来て激しさを眩しめり/玉城一香

噴水に水の面の落花漂へり/五十嵐播水

森の径みな噴水へ出てしまふ/福永耕二

噴水に濡れつづけをる浮葉かな/上野泰

噴水を見てゐて乳房乳溜まる/品川鈴子

母と来て噴水見ゆる珈琲館/岩淵喜代子

噴水の祈りしぶきや友が寄る/寺田京子

原爆日噴水は穂を高うせよ/下村ひろし

俳句例:141句目~

祝婚歌噴水もまた穂を上げて/緑川啓子

突風に噴水のすぐへこたれて/高澤良一

噴水のいつも短きひとところ/館岡沙緻

噴水や模型の骨のまだ足らず/杉野一博

噴水の頂点に眼を置いてくる/藤田守啓

噴水のしぶけり四方に風の街/石田波郷

噴水のつつつつつつと鶴の臑/高澤良一

噴水のつらら吐き出す鶴の口/村上辰良

噴水の高ささだめられし高さ/木下夕爾

噴水のふりかかりつつ残る鴨/岸本尚毅

噴水の水をちぎつて止りけり/山田弘子

噴水のよろよろと立ち上りたる/稲岡長

野外音楽会灯の圏外に噴水立つ/長田等

噴水の丈切り詰めて師走来る/橋本榮治

噴水の仁王門より高くあり/小田嶋順子

噴水の俄に強くなりにけり/五十嵐播水

雨止んで噴水にもう人の居る/依光陽子

噴水の吹き口もなき落葉かな/会津八一

噴水や夕焼はげしき雲流れ/池内友次郎

噴水や我が胸中に閊へしもの/柴田奈美

俳句例:161句目~

噴水の塵を浮むるほとりかな/後藤夜半

噴水の影ある白き椅子ひとつ/木下夕爾

噴水の整ひ過ぎてよそよそし/高澤良一

噴水の次の高さを待ちにけり/辻美奈子

噴水の止まりて家を思ふかな/山根真矢

どの景色にも噴水の音ひびく/松岡也寸志

なさけなき噴水前で待ち合はす/櫂未知子

ひるの月噴水の穂に触れやまず/木下夕爾

ふためきて風の噴水イプセン忌/倉橋羊村

噴水を少し汚るるとのみ思ふ/小檜山繁子

噴水へ知られぬ群れを解いて寄る/竹中宏

噴水へ陽のづかづかと入りけり/戸田九作

噴水をはなれたる人去りにけり/後藤夜半

勢ふ噴水中を貫くものあるなり/山口誓子

噴水がパチ~パチ~いうて落つ/京極杞陽

噴水にしぐれのまじる夜の髭/鳥居おさむ

噴水やしぶきに濡れて鶴の居り/鈴木花蓑

噴水の虹は手に取る近さなる/岩淵喜代子

噴水に影はるかなるものばかり/野澤節子

噴水に待つ人に人来て去りし/嶋田摩耶子

俳句例:181句目~

噴水に水無きを誰もあやしまず/右城暮石

噴水に神話の男女あそびけり/阿波野青畝

噴水に葉牡丹ちぎれ浮いてをり/岸本尚毅

噴水や永遠にかはかぬ少女文字/堀口星眠

噴水に飽きしその眼を森に遣る/高澤良一

噴水のいただきに水弾ねてをり/落合水尾

噴水のざわめき増して正午かな/仙田洋子

噴水のなほ吾が前に落ちきたる/後藤夜半

噴水や一刻まへのメーデー歌/百合山羽公

噴水や不帰の時間を白め降る/田川飛旅子

噴水の向ふにもあるベンチかな/高浜年尾

噴水の涸れては風も奏でぬよ/稲垣きくの

噴水光り月の水の面の鳥眠れる/原田種茅

噴水の総立ちにあとじさりしぬ/山本歩禅

噴水庭園むかし離宮の大芝生/伊藤いと子

屋上噴水教師はかなし巡視の眼/宮坂静生

珠あげる噴水廻り罌粟の花/長谷川かな女

現金を持っている風のくる噴水/増山美島

噴水の涸れし高さを眼にゑがく/木下夕爾

待つ愉しさ噴水が穂を触れあへり/藤井亘

タイトルとURLをコピーしました