季語/韮の花(にらのはな)を使った俳句

「韮の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「韮の花」について

【表記】韮の花

【読み方】にらのはな

【ローマ字読み】niranohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「に」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

韮の花を含む俳句例

韮咲いて太陽沈む胸の奥/中島斌雄

花韮に紫の影ひそみけり/稲岡達子

人去つて風残りけり韮の花/岸田稚

戯れる蝶より白し韮の花/林真砂江

花韮の紫うすき翳りかな/岸/典子

庭隅の韮の花とて抜き難く/星野椿

関守へ抜け道細し韮の花/熊本ふみ

沢水の余りに甘し韮の花/森田緑郎

花韮や学級花壇画然と/桜間ひろし

韮咲くと袖口まくり水仕事/菖蒲あや

眩暈や花韮はもう陰の花/堀井春一郎

人の世は跫音ばかり韮の花/中村苑子

夕闇は人知れずきて韮の花/水上英子

子らなべて母親贔屓韮の花/石鍋静穂

弟のシーツはがすや韮の花/瀬間陽子

韮の花地に近きより開きをり/草地勉

韮の花に南蛮いけて鬼女の庵/中勘助

陶屑の散らばる干場韮の花/関口/碧

沈む日の力を借りて韮の花/中原始橋

盛ともなれば艶めき韮の花/倉田紘文

俳句例:21句目~

一敗を先づ喫すべし韮の花/磯貝碧蹄館

一畝の韮咲き故旧ちりぢりに/大嶽青児

学校で教へないこと韮の花/夏井いつき

今日よりは汝が専ら妻韮の花/大石悦子

盛りともなれば艶めき韮の花/倉田紘文

神のみを信じて痩せぬ韮の花/伊藤通明

花韮に朝日つめたき祭かな/金尾梅の門

花韮の並び伏したる雨上り/深見けん二

花韮の白さどきまぎ嘘ばかり/小堤香珠

秋の日や韮咲く中に蜂の聲/廣江八重櫻

花韮の風の弾めりヘリポート/毛塚静枝

花韮やしやもじを祀る安産寺/下山宏子

花韮や何の手筈もなけれども/栗林千津

花韮や歩いて行けば猫神社/星野麥丘人

花韮を摘み来し指のなほ匂ふ/稲畑汀子

荒畑の名残に咲ける韮の花/吉江八千代

足許にゆふぐれながき韮の花/大野林火

齢かな摘みて眺むる韮の花/河原枇杷男

韮の花坂としもなく息あへぐ/石田波郷

韮の花墓山はやく昏れそめし/木下青嶂

俳句例:41句目~

韮の花歩き止まりて無心なり/太田鴻村

黒きおほき佛見て来し韮の花/関戸靖子

水巴忌がすぎ韮の花刈られたり/萩原麦草

韮の花とまどひがちに雨降れる/高澤良一

花韮の花賞でらるるそよぎかな/宮津昭彦

怠けては墓場をあるく韮の花/秋元不死男

花韮のはかなきまでに白き日々/中嶋秀子

踏み砕きし水車干し日や韮の花/中川四明

韮の花師の亡き国をたどりそむ/小池文子

長病みの医師こそかなし韮の花/相馬遷子

韮の花活けて光らすガラス壺/上野さち子

韮の花長生きの母ありがたし/星野麥丘人

なまくらと妻子には見え韮の花/辻田克巳

かにかくに道いぢらしき韮の花/小池文子

韮咲くや兄が愛する馬具農具/磯貝碧蹄館

飴なめて忿りうすめる韮の花/上田五千石

移り住めば花韮の畦短かすぎる/児玉悦子

暮れかぬる小面テをあげ韮の花/篠塚しげる

韮咲いて日ぐれは遠き世のごとし/荒井正隆

韮の花まひる老けゆく刻の見ゆ/きくちつねこ

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ