季語/霙(みぞれ)を使った俳句

「霙」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「霙」について

【表記】霙

【読み方】みぞれ

【ローマ字読み】mizore_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・雪雑り(ゆきまじり:yukimajiri)

・雪交ぜ(ゆきまぜ:yukimaze)

季節による分類

・「み」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

霙を含む俳句例

上海の霙るゝ波止場後にせり

箔打の息顫へゐる夕霙/加藤汀

霙して海老吹寄る汀かな/召波

霙るるや鶏覗くとまり時/平交

傘に獺が来る霙かな/野村喜舟

霙るるや鶏覗くとまり時/平交

南天の実や霙雲野の果に/野舎

旅人に運河波立ち降る霙/有働亨

霙るるや野兎藪に息ひそめ/沢聰

聴き澄ます霙襖の奥のこゑ/楸邨

馬の尾を引ずつて行霙かな/蝶夢

霙るるや鞍掛橋の鴨南蠻/龍岡晋

梔子の実にある朱や霙降る/龍男

一掴みほど漁師町霙降る/坂井建

紙漉の天気都合や初霙/井上井月

風まぜに蕪ひく野の霙かな/信徳

水仙の野に北海の霙かな/有働亨

乞食の骨正月や霙降る/大釜菰堂

退官や霙燦たる思ひにて/有働亨

はる~の原や小狐霙空/幸田露伴

俳句例:21句目~

ふるさとは霙の中に人の声/裕計

銀ねずの霙の雫能登の/西村公鳳

退宮の夜の霙降る常の街/有働亨

霙聴き魂なき母と一夜寝ぬ/蓼汀

葬の一膳飯や霙降る/広江八重桜

鵺の額かゝる霙の峰の堂/泉鏡花

霙れつつ縺れつつなほ泥酔へ/耕二

晨朝の紙燭ともすや春霙/西本一都

おおむねは平な村の霙かな/山口伸

霙るる田鳶や鼠を鷲掴み/家田小風

さらさらと烹よや霙の小豆粥/鳳朗

それ鷹の鈴振り廻る雪雨かな/正秀

水仙を霙のひまに切りにけり/虚子

浪々や春の霙の音よけれ/飯島晴子

火の拳そらの子宮に霙ふり/徳弘純

無人灯台ともる十五時春霙/滝春一

逢坂の草の葉あらき霙かな/中田剛

連祷の夕ベ霙るる致命祭/山下青芝

雪みぞれ降にまぎれて年暮ぬ/吟江

チンドン屋春の曲吹く夕霙/有働亨

俳句例:41句目~

霙ふる裏山かけて竹ばやし/上村占

石船の石に流るる霙かな/会津八一

五日はや働着なり夕みぞれ/及川貞

再手術霙れは雪に癌病棟/飯野蓮歩

垣霙医師の車の小さゝよ/久米正雄

高橋阿伝夜刃譚霙る夜に/高澤良一

姥捨の巌に春の霙かな/大信田梢月

嫁取の城崎にして霙かな/田中裕明

筆とらず読まず机に霙さく/上村占

聴きすます霙襖の奥の声/加藤楸邨

夕霙何ぞしたしき出雲崎/塚本邦雄

夕霙光琳笹を鳴らし過ぐ/高澤良一

白袴薩摩飛白に霙れけり/久米正雄

霙せり蝉折といふ笛ありて/中田剛

夕霙読書の脚を踏み温め/川口重美

市人に霙今日もや年迫る/島田青峰

霙降る宿のしまりや蓑の夜着/丈草

離郷残響霙の尋ね人われは/汎馨子

旅の荷とおもひし傘を春霙/及川貞

霙るるや私の川いや深く/池田澄子

俳句例:61句目~

鳥肌を立つる砂丘や霙打つ/林逸茂

古障子霙るゝ音のきこえけり/虚子

夕立の立つ頃ほひも霙降る/森田峠

霙打つ家路見てゐる男靴/谷口桂子

春霙栄螺の籠を打ちにけり/大串章

薄明の霙を過ぐる鶏の足/栗林千津

春霙遠き電話の声浮沈/八牧美喜子

あはれめや霙にぬれし恋衣/尾崎紅葉

足とりも乗馬の果てや雪みぞれ/史邦

けふ豊か霙のち雪そして愛/矢島渚男

焼灼の傷あと失せよ霙ぐせ/河野南畦

燻べらるる鬼の叫喚霙降る/林十九楼

腹裂きし猪を吊せば霙くる/茂里正治

しみじみと子は肌につく霙かな/秋色

舟がゝりなき島山や夕霙/石島雉子郎

ぬれ雪と津軽人云ふ霙降る/佐藤一村

茨の実赤く夕ベ霙れてゐる/大橋裸木

赤貝の大根おろしの霙かな/久米正雄

逢坂にあびてひさしき霙かな/中田剛

長尻の客もたたれし霙かな/中村史邦

俳句例:81句目~

もろ~の木に降る春の霙かな/原石鼎

隠れ湯のひとりの昼や春霙/戸田道子

羽摶つごと霙へ一歩まぎれけり/湘子

雲の奥見せてその奥より霙/李桃丘子

霙うつわが少年の日の学舎/堀口星眠

霙してしばらく磧きらきらと/中田剛

霙にも雪にもならず唯の雨/高澤良一

下腹部の大きな蟹に霙降る/田中信克

人麻呂の鴨山かけて降る霙/石川魚子

霙ふる京をとほくに浪のいろ/中田剛

夕霙みんな焦土を帰るなり/下村槐太

霙まつ柴の庵のけぶりかな/井上井月

霙めく夜道そこ駈け乞食酒/石塚友二

霙るるや京の織屋の軒深き/野田史子

霙るるや大手袋の国旗売り/永井龍男

霙るるや猟夫踏み来る水辺萱/金子潮

宵火事の消えて霙となりにけり/繞石

霙るるや触るれば熱き瀬戸火鉢/風生

霙るるや鬼の念仏傘を背負ひ/龍岡晋

崖あらふ雨より霙うつくしき/中田剛

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ