季語/冬枯(ふゆがれ)を使った俳句

「冬枯」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬枯」について

【表記】冬枯

【読み方】ふゆがれ

【ローマ字読み】fuyugare

子季語・関連季語・傍題・類語など

・枯るる(かるる:karuru)

・冬枯道(ふゆがれみち:fuyugaremichi)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬枯を含む俳句例

冬枯や平等院の庭の面/鬼貫

吊捨てに枯るゝ忍や稲光/龍雨

冬枯に畢竟おとる尾花かな/秋色

枯るる中一茎折れて生鮮烈/林翔

冬枯の町に藁屋の二三軒/上村占

天地にす枯れ葵と我痩せぬ/篠原

冬枯や在所の雨が横にふる/一茶

冬枯や夕陽多き黄檗寺/夏目漱石

雨細し木霊枯れ棲む磯林/河野南畦

冬枯に犬の追ひ出す烏哉/正岡子規

枯れし苑磔刑の釘錆流す/山口誓子

浮島の枯れの明るし尉鶲/宮坂静生

冬枯れの天を感ずる峡磧/飯田蛇笏

潜む川あり山も枯れ深む/高澤良一

菱紅葉水一枚も枯れ兆す/能村研三

灰蒙々十里淡々黍の枯れ/金子皆子

蝶の類枯れ石神に日燦爛/木村蕪城

駅枯れて壁に童画の赤多し/飴山實

冬枯の鞄をおろす鐘の下/古舘曹人

江南の好風景も枯れにけり/日原傳

俳句例:21句目~

捨猫が啼く冬枯の草の中/浅野京子

大寒の枯るる音する膝頭/近藤一鴻

焼いもや山紫水明枯るる京/龍岡晋

冬枯や雀のありく戸樋の中/炭太祇

牧枯れて秒音確と耳に応ふ/杉本寛

山枯れて言葉のごとく水動く/龍太

一塊の黒に還りて忍枯る/富安風生

枯れ斜面雀にピアノ線の足/飴山實

沼枯るる茫漠夢と境無し/宮津昭彦

戸口迄づいと枯れ込む野原哉/一茶

枯れ果てし真菰の水や日短か/素十

冬枯や烏のとまる刎釣瓶/正岡子規

山枯るる音なき音の充満す/岡本眸

晩年や一風景の枯れ透きて/三谷昭

断念の力つくして桔梗枯る/平井照敏

枯れ急ぐ男ばかりの靴音に/影島智子

渋色に沁みし染桶枯れ重ね/影島智子

冬枯に天狗の下駄を蔵す寺/山田弘子

冬枯に年尾偲ぶも経ケ島/稲畑廣太郎

山枯るるとも綿虫に雄と雌/栗生純夫

俳句例:41句目~

山枯れたり遥に人の咳ける/相馬遷子

冬枯のあちらこちらやとぶ鴉/原石鼎

とりもちて蕃椒枯れそ唐錦/飯田蛇笏

冬枯の天城の山に旅しつつ/三原千枝

冬枯の市に購めし宋書かな/野村泊月

山枯れて一途に赤し猿の面/矢島渚男

枯れる音男の首を抱き眠り/高澤晶子

冬枯の身近きものに谿の音/日下正伝

冬枯やとびとびに菜のこぼれ種/一茶

楢山の楢枯れ木に還るころ/高澤良一

野は枯れて落日支ふ何もなし/吉本昴

轟然と山枯れ宙に日は漂ふ/岡田日郎

枯れ進む一輪挿しの長き洞/対馬康子

枯れ蔵王山勢谷を下りけり/石原八束

冬枯や少女の降りし無人駅/白井冨子

冬枯や柿をくはへて飛ぶ鴉/正岡子規

冬枯や水の溜まりし寺の庭/前田普羅

冬枯や犬ののぼれる台所/金尾梅の門

串の鮠枯るゝひかりの十三夜/碧雲居

冬枯や葬具たためば一白木/近藤一鴻

俳句例:61句目~

冬枯るる目は南軍の兵の母/対馬康子

やゝ枯れし秣にとぶや青蛙/高浜虚子

萬緑と立枯れの木と相距つ/中杉隆世

川幅が枯れ一色の顔である/椎橋清翠

枯れにけり土塁石組崩れつつ/有働亨

群青抜けば立枯れの幹濃紫/香西照雄

冬枯をのがれぬ庵の小庭哉/正岡子規

冬枯野母から得しもの懐に/高橋沐石

一切の枯れてたしかに石畳/池田秀水

枯野ゆく女の髪も枯るるもの/檜紀代

枯るる中野鳩の声の養生訓/西東三鬼

枯るる中電車が光かざしくる/栃窪浩

枯るゝ野や未明に犯す星の領/原月舟

目を遠く誘ふ冬枯始めかな/宮津昭彦

一山の枯れに加はる父の声/朝広純子

あいの風松は枯れても歌枕/巌谷小波

一山の枯れ清水の舞台圧す/高澤良一

網代守かんばせ枯れて居据れる/吾人

立枯るる樅の白さの良夜かな/有働亨

鴛鴦に古木はげしく枯れにけり/石鼎

俳句例:81句目~

鴉翔く砂丘濡色枯れに似る/吉野義子

鴉発ち枯野の窪み枯れつくす/三谷昭

鳥威し山に檜が枯れしまま/飯田龍太

昼の月柏は枯れし葉を鎧ふ/横山房子

髪が枯れ俳句三昧壁炉愛づ/飯田蛇笏

公害擲られ磯の枯れこだま/河野南畦

再会や舞台の上の枯れ山河/対馬康子

凶作の稲扱きの音入日枯れ/西東三鬼

石枯れて石の言霊風となる/河野南畦

眼より枯れて東京歩きおり/高澤晶子

眠たさの半分枯れてゐる岬/鎌倉佐弓

音と言ふ音に敏感山枯るゝ/浜屋刈舎

電線がつなぐ電柱枯るる中/西東三鬼

千年の命よぢれて藤枯るる/高橋悦男

物枯れて最後に笑うや大茸/安井浩司

国境に長き停車や枯るる中/森田公司

大いなる月色の月枯るる中/相馬遷子

恙なし雁来紅は枯れにけリ/清水基吉

雪山を背にし枯れ山貧窮す/吉田嘉彦

焼肉の息吐きに出て枯れ港/高井北杜

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ