季語/冬の空(ふゆのそら)を使った俳句

「冬の空」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬の空」について

【表記】冬の空

【読み方】ふゆのそら

【ローマ字読み】fuyunosora

子季語・関連季語・傍題・類語など

・冬空(ふゆぞら:fuyuzora)

・冬青空(ふゆあおぞら:fuyuaozora)

・冬天(とうてん:toten)

・寒天(かんてん:kanten_)

・寒空(さむぞら:samuzora)

・幽天(ゆうてん:yuten)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬の空を含む俳句例

凍空を端から開く朝鏡/桂信子

寒空に皮を剥るふぐと哉/必花

鎌倉の切通ゆく冬青空/大橋敦子

冬空や魂は横移動する/桑原三郎

冬空や山陰道の君が家/小澤碧童

寒空の昼の眉月田が終る/中拓夫

冬空と極楽鳥花玻璃一重/森田峠

冬空は一物もなし八ケ岳/森澄雄

冬空の薄き瞼を裂く青さ/澁谷道

冬空の鋼色なす切通し/大野林火

夕凍の寒天深む透明度/羽部洞然

神殿の列柱残る冬青空/毛塚静枝

父よいま冬青空も深呼吸/酒井弘司

冬空や巣鴨は江戸の北はづれ/嵐竹

老幼を愛する如し冬の空/永田耕衣

世間体一つ外せば冬青空/高澤良一

寒天に船渠の鎖長短あり/細谷源二

寒天に大晴れしたる花柊/飯田蛇笏

冬天が星をこぼせり達磨市/中拓夫

銀杏の幹裂け沈む冬の空/横光利一

俳句例:21句目~

寒空に都を逃し物ぐるひ/上島鬼貫

鴉呼ぶ鴉に冬の空青く/岩淵喜代子

凍空にネオンの蛇のつる~と/篠原

冬の空青く展けて異国船/柳瀬重子

荼毘の音この凍空へ弟よ/松本草戊

墨の線一つ走りて冬の空/高浜虚子

夕焼の金龍飛べり冬の空/山口青邨

山光や寒天に聳つ木一本/臼田亞浪

欺かれ冬天あまり青く寡婦/三谷昭

寒空のどこでとしよる旅乞食/一茶

寒空は輝く雲にありにけり/滝青佳

夕晴れて凍空に川外明り/飯田蛇笏

冬空に宝塔暮るゝ金色に/高木晴子

結界に冬空が見ゆ縄梯子/河合凱夫

手術の日冬空少し汚れけり/森田峠

冬空の下一点のわが歩み/星野立子

日当つて大仏の顔冬空に/奈良文夫

冬天の動物園や歌舞伎町/平井照敏

一平野一寒天の下にあり/高野素十

冬空へ打つ甘藷の鳥威し/太田土男

俳句例:41句目~

冬青空夜は万年筆の中/高野ムツオ

冬青空九億九光年の留守/斎藤慎爾

寒天に落葉松の尖針と揃ふ/福田蓼汀

担がるゝ熊の四足や冬の空/野村喜舟

縫目なき冬青空へ消えし鳥/柿本多映

月影の針もてさすか冬の空/何某母

凍て空にネオンの蛇のつる~と/篠原

無患子の一目卍や冬の空/殿村莵絲子

爆心といふも瑠璃なす冬の空/堀内薫

凧一つ貌のごときが冬空に/中村苑子

鳶の笛冬天汚れなかりけり/稲荷島人

蹴球や冬天に見る時計塔/柴田白葉女

高貴なる冬空を得て天女丸/飯田蛇笏

寒空へ枝強く張る鬼くるみ/菊井稔子

絶対安静冬空に押へられ/小川双々子

冬空や風に吹かれて沈む月/永井荷風

冬空や峡にくひ入る桑畑/金尾梅の門

父を焼くいま冬空へうす煙/小林康治

幹高きその冬空へ耳を寄す/桜井博道

冬空に大樹の梢朽ちてなし/高浜虚子

俳句例:61句目~

冬空や父いますごと大欅/谷内田和子

冬空に探す逃がした詩の言葉/有働亨

滝落ちて冬青空をひきしぼる/石嶌岳

妥協なき冬青空とうち仰ぎ/高澤良一

螺旋階尽き冬空まで昇れず/福田蓼汀

冬空に聖痕もなし唯蒼し/中村草田男

傷舐めて今も幼き冬の空/千代田葛彦

故郷の冬空にもどつて来た/尾崎放哉

冬空に鳩を見上げて松葉杖/京極杞陽

凍空へ銀杏並木の槍ぶすま/内田園生

冬空の一方へ竹伐り倒す/榎本冬一郎

凍空に父焼く煙とどかざる/下村梅子

冬の空少し濁りしかと思ふ/高浜虚子

一噴煙冬空涜しひろごりぬ/草間時彦

冬青空胸中の鈴鳴りはじむ/江中真弓

冬空の弾けば響きさうな青/木内怜子

冬天や北に棲むほど熱き肌/対馬康子

冬の空思ひ直して明るかり/麻生直美

山際の凍空まぶし婆の髪も/金子兜太

冬天の無縫の青を遺さるる/嶋田麻紀

俳句例:81句目~

冬空の禅寺丸柿形見とし/殿村莵絲子

一塵もなき冬空に日を満たし/上村占

人ゐて冬空の青い枝きる/栗林一石路

邂逅にポプラ彎りて冬の天/飯田蛇笏

街中の焼跡の墓地冬空持つ/細見綾子

雪吊の縄棒のごと凍て空に/二唐空々

冬天に錐立つ嶺のテレビ塔/油谷和子

靴と靴叩いて冬の空青し/和田耕三郎

冬天に透く金の葉や樺の梢/相馬遷子

冬空や麻布の坂の上りおり/永井荷風

冬天といふ一枚の碧さかな/石橋淑子

峯々へ松ちぎり置き冬の空/久米正雄

冬空へ煙さでたくや灘の船/飯田蛇笏

二夜われ肉片として凍空に/佐藤鬼房

冬青空わが魂を吸ふごとし/相馬遷子

冬空や大樹暮んとする静寂/飯田蛇笏

冬空や宝珠露盤は寺の屋根/野村喜舟

冬空へとどかぬ梯子婚約す/対馬康子

いつとなく葡萄の国も冬の空/飯田龍太

いつの間に昼の月出て冬の空/内藤鳴雪

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ