季語/冬の海(ふゆのうみ)を使った俳句

「冬の海」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬の海」について

【表記】冬の海

【読み方】ふゆのうみ

【ローマ字読み】fuyunomi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・冬海(ふゆうみ:fuyumi)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の地理」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬の海を含む俳句例

冬の海大王岬突出す/木津蕉蔭

冬海や一隻の舟難航す/高浜虚子

俤の一つ二つを冬の海/高澤晶子

冬の浜骸は鴉のみならず/森田峠

冬海の近くの溝を飯の粒/飴山實

冬の浜後姿のはや遠し/西村和子

卵黄の緊迫感に冬の海/松山足羽

冬海の景半分に埋立地/稲畑汀子

玄冬の海に百の目啼鴎/高澤良一

新しき劇場である冬の海/佃悦夫

茹卵剥き冬海へ殻落す/田川飛旅子

冬海や岬の荘の人の夜ル/尾崎迷堂

冬の海沖に光を集めたり/沢木欣一

灯の真珠冬海遠く闇に鳴り/桂信子

冬海の心見せたる浪白し/堀口星眠

執心の岬冬海越えて行く/河野南畦

冬海や江差大島人住まず/飯塚野外

冬の海越す硫酸の壺並ぶ/谷野予志

冬の海鉄塊狂ひなく沈む/飯田龍太

冬海や人岩に居てを待つ/前田普羅

俳句例:21句目~

切株の外へ外へと冬の海/吉田鴻司

冬海の音の蓋する町の上/伊藤柏翠

灰色の男と冬の海がある/角川春樹

児が泣けば冬浜に集る日の翼/原裕

大艦を撲つ鴎あり冬の海/飯田蛇笏

寮買へは都は寒し冬の海/尾崎紅葉

冬海の紺のひそかに忌を修す/原裕

真黒き冬の海あり家の間/高浜虚子

冬浜に湧く真清水の香をまとふ/原裕

風つのる冬浜明けて旅の髭/松村蒼石

われの声追分となり冬海へ/白幡千草

冬海と陸とかたみにふかく入る/篠原

冬海に入る川あるや水細し/尾崎迷堂

冬海のかなた日当る八束郡/木村蕪城

冬海の巌も人型うるさしや/西東三鬼

冬海の濤の奈落に船きしむ/松下正春

冬海の紺を見つめて墓白皙/細見綾子

冬海の荒れをうしろに墓詣/河野南畦

冬海の青きを嬰に見せにけり/椿和枝

一瞬の紅刷き冬の海昏るゝ/逸見嘉子

俳句例:41句目~

一礁を見せじとふくれ冬の海/轡田進

冬の海手に滴らすものもなし/小島健

冬海や念の夢の伊良古崎/松根東洋城

冬の海に雲やけ見ゆれ懐しき/原石鼎

冬の海や里恋しさは安針も/清水基吉

冬の浜理髪店のみ総玻璃戸/香西照雄

吾子征きしままの冬海深藍/飯田蛇笏

冬の海一筋町の切れ目より/細見綾子

裏町がすぐに冬海刃物研ぐ/河野南畦

車窓をいま冬海空より多く占む/篠原

冬の海吐出す顎の如きもの/高橋睦郎

冬の海地球の裏より文届く/御崎敏江

靴の砂返して冬の海を去る/和田祥子

籠一つ雨に打たるる冬の浜/渡辺和子

冬の浜米兵が子を肩ぐるま/松村蒼石

子供靴片方冬の海へ出る/小泉八重子

弦月や冬の海音編み上ぐる/奥脇節子

断崖の塵吹き落す冬の海/吉岡禅寺洞

鷺とんで白を彩とす冬の海/山口誓子

冬浜に生死不明の電線垂る/右城暮石

俳句例:61句目~

牛の目に涙あふるる冬の海/柳葉光堂

病室の窓はんぶんは冬の海/五島高資

石狩の雲逃げたがる冬の海/大郷石秋

砂防ネット陸に傾く冬の海/福本天心

立ちあがる浪の後の冬の海/平野吉美

冬浜の深き靴跡かへり見ず/内藤吐天

冬浜へ一声仔牛呼びかへす/木村蕪城

冬浜や暁かけて網干すなり/小林康治

すりへつてゐる空壜や冬の海/小川軽舟

冬浜に浪のかけらの貝拾ふ/上田五千石

赤ん坊を盥に入れて冬の海/磯貝碧蹄館

冬浜に洋傘を突きさして憩ふ/内藤吐天

走りつゝ夜に入る船や冬の海/尾崎迷堂

またもとの如く昃り冬の海/波多野爽波

冬浜に残す足跡海女若し/野見山ひふみ

ギヤマンは遥けき冬の海の色/山本歩禅

冬浜に憩ひ湖上の舟に坐す/山口波津女

冬浜に人現れて消えにけり/池内たけし

冬の海こころにも波確かなり/朝倉和江

釣竿を引つ張つてゐる冬の海/松本巨草

俳句例:81句目~

冬の海久能の落葉掃きおろす/前田普羅

冬の海勇者はコロンブスひとり/林誠司

熱の夜のどこかに冬の海の音/東條未英

一望の冬海金粉打ちたしや/中村草田男

何もなき冬海のみを描きたる/大橋敦子

潜りたる海女が残せし冬の海/河野南畦

江の島が大きく見ゆる冬の海/咲樹一樹

冬海に流人の声を聴いている/米沢恵子

群青をなほ染め上げし冬の海/山岡正嗣

冬の浜鴉ばかりの静けさに/山根きぬえ

機関庫を風が吹き抜け冬の海/福田蓼汀

槐秋は星ふる冬の海へ発てり/高橋馬相

捨てられし人形浮かぶ冬の海/足立悦子

冬海の漁舸を淋しむ旅人かな/飯田蛇笏

浪引けば沖高く冬の海凹む/池内友次郎

帆の下に行李解く僧や冬の海/野村泊月

波がしら伊豆より高く冬の海/松下義幸

冬浜の足跡かへりみる未練/稲垣きくの

時失せてゆく眩しさや冬の浜/仙田洋子

冬浜の錆リヤカーは婆のもの/池田秀水

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ