季語/冬の空(ふゆのそら)を使った俳句

俳句例:101句目~

から風の北明るさや冬の空/大須賀乙字

コスモスの花はあれども冬の空/原石鼎

何か一つ落ちたる音の冬の空/河合凱夫

冬の空つひに上らぬ日の没す/安藤秋蘿

冬の空罠かも知れぬ吊り鏡/小長井和子

冬の空重きブーツの底鳴らし/谷川典大

宋研一つの冬の空大いなり/中塚一碧樓

峰二つ乳房のごとし冬の空/赤星水竹居

或る冬の空にとどまる昼花火/柿本多映

明日よりは遠き但馬と冬の空/京極杞陽

水の裏見てゐるごとし冬の空/川嶋一美

牡丹にもこの色なくて冬の空/松瀬青々

畑あり家ありここら冬の空/波多野爽波

芋二つしなびて冬の空があり/岸本尚毅

うつくしき冬空なりし鉄格子/角川春樹

タワー赤冬空の青引き上げて/稲畑汀子

一人だけ死ぬ冬空の観覧車/磯貝碧蹄館

冬空に噛みつくものや礁と濤/久米正雄

冬空に掴まれて富士立ち上る/伊藤通明

冬空に撞木の揺れ残りをり/藤田あけ烏

俳句例:121句目~

冬空に触れし指より光りそむ/仙田洋子

冬空に騒立つ樫を伐りにけり/島田青峰

冬空の大起重機に人居る窓/五十嵐播水

冬空の溢れて黒き河口かな/山田みづえ

冬空の鴉いよいよ大きくなる/飯田龍太

冬空へ深入りしたる風船よ/小泉八重子

冬空へ象嵌ひたひたと愛技/和泉香津子

冬空やみちのおく道先づ千住/野村喜舟

冬空や津軽根見えて南部領/河東碧梧桐

唐辛子の色冬空が盗みたり/小泉八重子

四角な空万葉集にはなき冬空/加藤楸邨

寒肥をひく冬空の泣くばかり/飯田蛇笏

山峡の冬空よ生きせばむるか/細見綾子

朝雲ちり冬空とほく光りあり/飯田蛇笏

白壁と冬空の壁人死せり/阿部みどり女

移民船冬空へ旗ちぎれ飛び/五十嵐播水

冬天へ杉は槍なす平家村/鍵和田ゆう子

雲生れてきて冬空の相となる/綿谷吉男

あけすけに団栗の木と冬青空/高澤良一

ひとみ元消化器なりし冬青空/攝津幸彦

俳句例:141句目~

わが胸に旗鳴るごとし冬青空/野澤節子

カナリヤの籠の目すべて冬青空/中拓夫

冬青空祖母が煙りに風になる/松本恭子

冬青空ひとの歩みの映るかな/清水径子

冬青空マッチの軸が水に浮き/桜井博道

冬青空母より先に逝かんとは/相馬遷子

四人の子がきく冬青空の鐘/柴田白葉女

宿木の翔び立ちさうな冬青空/高澤良一

崖の上の冬青空は壁なせり/水原秋櫻子

朱を入れて凧とびやすし冬青空/杉本寛

髪刈って頭の頼りなき冬青空/高澤良一

コルト撃ち恋冬天にひるがえる/三谷昭

ザトペック冬天を馳す跫音す/高澤良一

信濃路へ冬天の川ながれをり/加藤秋邨

冬天のどこまで異邦紅茶澄む/対馬康子

冬天のまるくかかれり無住寺/平井照敏

冬天や噴煙のほかに雲二三/水原秋櫻子

凍空に竹ま直ぐなるみどりかな/上村占

凍空に触るゝばかりの航荒く/河野南畦

凍空の鳴らざる鐘を仰ぎけり/飯田蛇笏

俳句例:161句目~

口きりや此寒空のかきつばた/高井几董

寒空に乾ききつたる鳶の声/稲畑廣太郎

寒空や鶴しづ~と汚れつゝ/佐野青陽人

屋根に猫鳴いて冬天遠きかな/大野林火

松ふぐりひとつは蒼き冬天に/河合凱夫

核の冬天知る地知る海ぞ知る/高屋窓秋

汝冬天にありきわが乳房と/九鬼あきゑ

鉄階のつめたさ冬天の蒼さ/柴田白葉女

凍て空にネオンの塔は畫きやまず/篠原

寒天の打ち落すべき何もなし/梅沢一栖

雲凍てゝ空の動きの止りけり/古賀昭浩

らんぼうに斧振る息子冬の天/細谷源二

魚のごと鳥流るるや冬の天/櫛原希伊子

甘き冬空右手に母が箸持たす/磯貝碧蹄館

田鳧啼き冬空をまた深くせり/落合伊津夫

冬青空鈴懸の実の鳴りさうな/中村わさび

湯けむりの息吹き返す冬の空/佐藤哲一郎

凍て空に声を残して移民発つ/五十嵐播水

絶壁をけものの堕ちる冬青空/津沢マサ子

冬空をふりかぶり鉄を打つ男/秋元不死男

俳句例:181句目~

日を追うて歩む月あり冬の空/松本たかし

冬青空いつせいに置く銀の匙/水野真由美

からたちの冬天蒼く亀裂せり/富澤赤黄男

寒天に棕梠の葉そよぐ見て登る/北原白秋

散るものを誘ふ碧さの冬の空/後藤比奈夫

冬青空このまゝ死なば安からむ/相馬遷子

冬青空さえぎるもののなき別れ/上野好子

戸袋にかくれゐる戸や冬の空/波多野爽波

冬空をいま青く塗る画家羨し/中村草田男

人に家雁に寒空果てしなく/阿部みどり女

裏庭に冬空の立ちはだかれる/波多野爽波

紺の香きつく着て冬空の下働く/尾崎放哉

冬空へ消えてゆくたましいよ涙/北島輝郎

冬天にゆゆしきほむら落城史/町田しげき

冬天に勁きくちばしありにけり/奥坂まや

冬天に牡丹のやうなひとの舌/富澤赤黄男

寒天の日輪にくさめしかけたり/臼田亞浪

寒天やしやがまる妻の熱き映画/攝津幸彦

冬空へくぐり戸の鈴鳴り終る/波多野爽波

煙草なく米なく出でて冬空美し/岩田昌寿

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ