季語/冬の鶯(ふゆのうぐいす)を使った俳句

「冬の鶯」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬の鶯」について

【表記】冬の鶯

【読み方】ふゆのうぐいす

【ローマ字読み】fuyunoguisu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・冬鶯(ふゆうぐいす:fuyuguisu)

・寒鶯(かんおう:kano_)

・藪鶯(やぶうぐいす:yabuguisu)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬の鶯を含む俳句例

信楽の壷に陽当り冬鶯/伊藤敬子

笹鳴の碑裏碑表濡れいろに/原裕

逢曳や冬鶯に啼かれもし/安住敦

笹鳴や篠竹原に道開け/広瀬直人

笹鳴や西行谷の流れ水/小澤碧童

病床の手鏡笹子生写し/川端茅舎

冬鶯むかし王維が垣根かな/蕪村

大年の法然院に笹子ゐる/森澄雄

石鼎忌笹鳴翔つて垣よぎり/原裕

笹鳴や浅谷杉の小百本/尾崎迷堂

笹鳴やけふ故里にある思ひ/篠原

笹鳴や乾き岐れし潦/大橋櫻坡子

笹鳴や椿緑り葉篠の中/尾崎迷堂

笹子鳴く佛の里の佛道/都甲憲生

笹鳴や厨ごとこそ大切に/及川貞

笹鳴や機嫌雀の唄の中/石塚友二

笹鳴や茶山へ運ぶ古き藁/下田稔

笹鳴や幼子がわが門にゐて/原田喬

光悦寺冬鶯が鳴きにけり/北村軒市

絣着の昔ありけり夕笹子/村越化石

俳句例:21句目~

しかと笹鳴瑞鹿山円覚寺/高澤良一

笹鳴や青淵覗く危さに/馬場移公子

笹鳴や女ばかりの昼ながし/桂信子

笹鳴や大望の身の懐手/佐々木有風

茶の花や鶯の子のなきならひ/浪化

紫の立子帰れば笹子啼く/川端茅舎

庭に来し冬鴬の大きさよ/高浜虚子

笹鳴や博奕の宿へ藪の穴/河野静雲

乗越の熊笹日和笹鳴けり/福田蓼汀

毎日の笹鳴に居る主かな/高浜虚子

蔭村の垣の下風笹鳴ける/内田百間

草庵の垣の破れに笹鳴ける/星野椿

紅志野の窯へ山越え冬鶯/伊藤敬子

笹鳴や馬込は垣も斑にて/室生犀星

笹鳴や豊公利久伊勢の鷹/石塚友二

笹鳴に大きかりける人の咳/有働亨

笹鳴に対す二日の主かな/高浜虚子

笹鳴のみちあらはるる仏みち/原裕

笹鳴や艦入り替ふる麓湾/飯田蛇笏

笹鳴や石に日が跳ぶ杉襖/古館曹人

俳句例:41句目~

笹鳴や置釣の綸ひかりゐて/金子潮

笹鳴や満月登る富士の肌/澤木欣一

灘照るや笹鳴移る浜王子/坂口麗峰

笹鳴やけふ開眼の木彫仏/伊東白楊

笹子きて位高くも餌台に/皆吉爽雨

笹子くる柳生一族眠る墓/松本幸子

火を起す音の笹鳴き燧岳/堀口星眠

笹鳴や千家の庭の藪柑子/中川四明

枯色の聖晩餐図笹鳴けり/堀口星眠

笹子来て速達が来て午前中/星野椿

笹鳴や朗報しかと胸に抱き/星野椿

笹鳴や昼の暗さの懺悔室/水原春郎

笹鳴や日向日蔭へ道伸びて/岸田稚

笹鳴や新藁かわく薄緑/大谷碧雲居

笹鳴や終日開けぬ寺障子/野村泊月

笹鳴に一日を恃み籠るかな/吉野義子

岬端の笹鳴死にそこねては/齋藤愼爾

笹鳴を庭先にして私宅ミサ/村越化石

笹鳴の勁き舌根を感じをり/岡井省二

笹鳴や鳴かで啄む枝移り/東洋城千句

俳句例:61句目~

笹鳴や青道心の日和下駄/大須賀乙字

庭祠ありてそこらに笹子鳴く/上村占

笹鳴に去年今年なく庵せり/高濱年尾

影淡き師走の寺や笹子鳴く/角川春樹

必ずに添ひ現るる笹子あり/後藤夜半

笹鳴や一行ひかる子の作文/中村明子

笹鳴や一壺に充たぬ母の骨/佐藤国夫

笹鳴や鉄漿つけ給ふ中納言/中川四明

笹鳴きちやつちやと暮れた/北原白秋

笹鳴の舌頭見ゆるかに近し/皆吉爽雨

笹鳴や平群の山は畳なはり/山口誓子

朝の日に笹子きてゐる流かな/上村占

笹鳴や謡の節に句の調子/松根東洋城

笹鳴や峡の自足の茶の籬/伊藤いと子

木の影も笹鳴も午後人恋し/石田波郷

笹鳴や裏つゞきなる二塔頭/河野静雲

笹鳴の大いなる訃を齎せし/高浜虚子

笹鳴やダム底亀裂もて笑ふ/木下夕爾

笹鳴きや深き轍の木出し道/石川文子

笹鳴や古総太き客間椅子/島村元句集

俳句例:81句目~

笹鳴や芝庭にある乳母車/島村元句集

笹鳴や雪に灯ともす東大寺/中川宋淵

笹鳴やわが身一つの影のなか遠藤はつ

わが忌中ならねば近し笹鳴は/斎藤玄

鵯その他去り笹鳴の登場す/石塚友二

雪笹子南大門の暁けてきて/黒田杏子

笹鳴の舌の強さよ藪の中/滝沢伊代次

無始無終北上川に笹子鳴く/平井照敏

雨止んで二月堂裏笹子かな/茂里正治

燈籠の笠に笊干し笹鳴ける/遠藤梧逸

遺影まで届く朝の日笹子鳴く/縣信彰

近寄りし人に退く笹子かな/岡安仁義

伊豆相模わかつ岬に笹鳴ける/有働亨

笹鳴や空気緻密に林ある/徳永山冬子

笹鳴や磨きて覚ます杉の肌/本多静江

角砂糖に水色の翳笹鳴す/田川飛旅子

笹鳴や痩せし日射しを膝の上/岸田稚

笹鳴の範囲を連れて移りたる/塙告冬

笹鳴やしづかに崖が応へをり/池芹泉

笹鳴くや障子に急ぐ雲の影/会津八一

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ