季語/冬夕焼(ふゆゆうやけ)を使った俳句

「冬夕焼」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬夕焼」について

【表記】冬夕焼

【読み方】ふゆゆうやけ

【ローマ字読み】fuyuyuyake

子季語・関連季語・傍題・類語など

・寒夕焼(かんゆうやけ:kanyuyake)

・冬茜(ふゆあかね:fuyuakane)

・寒茜(かんあかね:kanakane)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬夕焼を含む俳句例

寒茜金星はまだ一つ星/森澄雄

寒茜屋上に旗折りたゝむ/林徹

誰か死ぬ百穴村の寒茜/萩原麦草

御猟場が吸ふ鳥礫冬茜/奈良文夫

寒茜街に岬あり女在感/小原洋一

柿本人麻呂走る冬夕焼/蓮田双川

塵労や滴るごとく寒茜/小林康治

冬茜氷湖の中の城一つ/有馬朗人

一番機翼の下に冬茜/秋元波末子

蔵壁の外はこの世の冬茜/山縣樵二

火の島の冬夕焼や海の音/角川源義

記紀の神恋争ふや寒茜/伊藤てい子

娶らむと冬夕焼に母を牽き/齋藤玄

忌詞杣には生きて寒夕焼/茨木和生

鸚鵡孤児寒夕焼に舌染めて/渋谷道

寒夕焼男峰に女峰傾斜かく/上村占

寒夕焼羅漢幾百あご親し/山本一糸

鷽替へて昔の色の寒夕焼/塚原巨矢

冬茜木の国よりの子守歌/前田秀子

寒茜極楽いろに鴨千羽/柴田白葉女

俳句例:21句目~

寒茜浴びゆく赤肉団上に/高澤良一

冬夕焼さらに淡くて水にあり/林翔

白鷺の一喝したる冬茜/佐々木六戈

一本の欅のゆゑの寒夕焼/豊田都峰

きちきちと冬夕焼に家縮む/川口重美

どの扉にも冬夕焼の精神科/鍛冶みつ

どやどやの極楽門に冬夕焼/田中英子

旅なほも遙かへ誘ふ冬夕焼/山田弘子

来し方や冬夕焼のさめ易し/内藤吐天

浦上や冬夕焼にわが染まり/大竹孤悠

あきらめし命なほ惜し冬茜/相馬遷子

灘に尽く野生馬の岬冬夕焼/大橋敦子

紐切れて冬夕焼の端もなし/古舘曹人

孫悟空火を放ちたる寒夕焼/那須淳男

金魚田の一つ一つに寒夕焼/大橋敦子

冬茜受けて磨きのかかる幹/高澤良一

寒夕焼母負ひ越えね渋谷川/小林康治

寒夕焼をさなのごとく母を見る/原裕

冬夕焼もう十字架を負ふ齢/小林康治

明星の銀ひとつぶや寒夕焼/相馬遷子

俳句例:41句目~

寒夕焼端まで塗らず画布の紅/桂信子

寒夕焼富士一日の力抜く/久保田重之

盆地は灯の海山脈は寒茜/福田甲子雄

冬夕焼会社勤めも大詰めに/高澤良一

一湾も君も眠れり寒茜/阿部みどり女

冬夕焼山塊を押し戻し来る/行方克巳

寒夕焼荒馬街を出でゆけり/佐藤鬼房

海と会ふ水のためらひ寒茜/峰尾保治

冬夕焼沖に消えゆく油槽船/道川虹洋

錫杖は遠き世のおと寒夕焼/三浦秋葉

われとわが命の見ゆる冬茜/中村苑子

水満てし一壺の重さ冬茜/宇佐美魚目

冬夕焼貝の空籠十重がさね/北野民夫

寒夕焼鹿呼ぶこゑの渚まで/加藤真吾

寒夕焼一塵となり列車去る/仙田洋子

冬夕焼風樹に小人棲むごとし/大串章

寒茜象牙を立てしごとき嶽/西本一都

寒茜山々照らすにはあらず/飯田龍太

寒夕焼他国へいそぐ千曲川/宮津昭彦

冬茜喪服に乳房ありにけり/柿本多映

俳句例:61句目~

寒夕焼反り身に魚の焼かれ居り/桂信子

冬茜短かけれども旅は旅/阿部みどり女

寒夕焼神々の座は炎えあがり/堀口星眠

もう何も見えない沖の冬夕焼/井桁白陶

職たのし寒夕焼に目を細め/米沢吾亦紅

心音のときに急きたり寒茜/吉田つよし

何思ふとなく冬夕焼の坂の上/木下夕爾

泣きたくて見る寒茜泣かず見る/武政郁

寒夕焼縄跳び場より跳び帰る/鷹羽狩行

蚊の姥の四/五が毬つく冬茜/高井北杜

冬夕焼わが失ひし血のごとく/木下夕爾

冬夕焼ネオンがさきに夜創る/長岐靖朗

冬夕焼君住む町へつづきけり/伊藤和子

冬夕焼永遠とは永き束の間や/赤岡淑江

冬夕焼浅間の裾のろうたけし/伊藤敬子

冬夕焼空に森あり牧場あり/石田あき子

冬夕焼鋳物不況の町つつむ/田上真知子

漁船帰る冬夕焼を曳きつれて/嶋村博吉

落葉松に微醺ただよふ冬夕焼/澤田緑生

西の都の冬夕焼の崩れしか/夏井いつき

俳句例:81句目~

過去へ向く己れ宥せず冬夕焼/河野南畦

鬼に影踏まれしよりの冬夕焼/萩山栄一

わが昔寒夕焼けを樽に詰め/津沢マサ子

ガラス屋が寒夕焼を背負ひくる/森酒郎

今一度寒夕焼けを見に出でむ/横山房子

家中に馬具干すにほひ寒夕焼/西野陽子

寒夕焼いぶりて宿す星ひとつ/塚原麦生

寒夕焼さめつつ浮雲相寄らず/福田蓼汀

寒夕焼どつかり収め雑木山/武藤ほとり

冬夕焼をいま記憶する赤ん坊/中村明子

寒夕焼親に先立つかも知れず/結城昌治

寒夕焼遠富士の上の一つ星/金子麒麟草

寒夕焼那須の噴煙穂みじかに/西本一都

寡婦に馴れ大阪に馴れ寒夕焼/久松久子

海染むる力をもたず寒夕焼/加藤三七子

牛群れて牛小屋ぬくし寒夕焼/相馬遷子

町の端に地下出づ電車寒夕焼/大橋敦子

群なしてからす寒夕焼の中/三宮美津子

野の果てに人遠ざかる寒夕焼/宮本径考

野生馬ねぐらいづこや寒夕焼/鈴木詮子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ