季語/火事(かじ)を使った俳句

「火事」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「火事」について

【表記】火事

【読み方】かじ

【ローマ字読み】kaji

子季語・関連季語・傍題・類語など

・昼火事(ひるかじ:hirukaji)

・夜火事(よるかじ:yorukaji)

・大火(たいか:taika)

・小火(ぼや:boya)

・近火(きんか:kinka)

・遠火事(とおかじ:tokaji)

・山火事(やまかじ:yamakaji)

・火事跡(かじあと:kajiato)

・火の見櫓(ひのみやぐら:hinomiyagura)

・火の見番(ひのみばん:hinomiban)

・半鐘台(はんしょうだい:hanshodai)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

火事を含む俳句例

汽車が走る山火事/尾崎放哉

男娼と鶏走る火事の跡/須藤徹

山火事の北国の大空/尾崎放哉

船火事の夢覚め朝の馬冷す/皆吉司

山火事や乾の空の雪曇り/寺田寅彦

白桃に潜みおり朝の火事/坪内稔典

火事雲の映り港区橋多し/羽田岳水

山火事の灰降って来る渡舟/澤草蝶

火事跡の貼紙にある遠い町/林菊枝

小火騒ぎありて今宮宵戎/後藤鬼橋

月若しくらま祭の大火焔/野澤節子

天窓に炎手を出す夜の火事/皆吉司

門柱に朝刊置かれ火事終る/皆吉司

火事跡に鮮しき朝の午乳壜/高島茂

雪深し火事桃色に迫りくる/秋澤猛

火事近し鍵穴急に小さくなる/穴井太

おぼろ夜や本所の火事も噂ぎり/蛇笏

火事近く母は仏に灯すなり/田上鯨波

檣に佃の火事の見えにけり/籾山柑子

いく度の大火の草津繁盛記/高野素十

俳句例:21句目~

朧夜や本所の火事も噂ぎり/飯田蛇笏

麦秋の遠火事明り雨こぼす/椎橋清翠

我思ふ故に猫あり春の小火/攝津幸彦

火事盗人に似て火祭の人中に/岸田稚

大迂回して山火事へ消防車/右城暮石

美作の空を横切る火事の雲/赤尾兜子

天王寺駅前の火事騒ぎけり/小杉余子

火事あはれ人の一代美しく/橋本鶏二

宵火事の消えて霙となりにけり/繞石

遠火事や夫の外泊父に秘め/毛塚静枝

まぎれなき火事の煙や鬼ケ島/森田峠

満貫の桜浮べる火事明かり/北見弟花

鶏頭の小火出す火の見櫓下/高澤良一

火事煙凧の大空よごしけり/椎橋清翠

萬屋の火事いま物に就く思ひ/竹中宏

眼帯に涙沁みつつ火事近し/白岩三郎

山火事のありたる地肌夏蕨/茨木和生

火事見舞団十郎の養子かな/籾山柑子

菜の花や遠き喧嘩と遠き火事/仁平勝

晝火事の烟の細さよ麥の秋/会津八一

俳句例:41句目~

湖に山火事うつる夜寒かな/内藤鳴雪

遠火事に物売通る静かかな/富田木歩

火事の荷や提灯立ちて人もなし/篠原

山火事の如き日落とし御命講/林昌華

蟻の如消火夫登り火事の屋根/皆吉司

荷を捨てゝ火事に走るや金売/原月舟

眦に山火事懼れ旅をゆく/佐藤惣之助

南国の山火事ひたにひろがれり/原裕

抽斗に螢しまひし夜の火事/齋藤愼爾

荷を捨てゝ火事に走りぬ金売/原月舟

蛇穴を出づ近隣の小火騒/大塚あつし

暗黒や関東平野に火事一つ/金子兜太

山火事の北へ~と廣がりぬ/寺田寅彦

遠火事や焦がしあまれる空の色/畑耕一

火事跡を見て老犬は帰りけり/佐藤和夫

遠火事や父の背中を思ひゐる/福島壺春

雪吊を火事装束の駆けぬけて/田中裕明

きさらぎの昼火事ありし港町/原田青児

雪山の向うの夜火事母なき妻/金子兜太

汽車黒く通りて赤し火事の村/齋藤愼爾

俳句例:61句目~

電話局尖るそびらに火事の雲/宮武寒々

首都はいつも匿名希望の火事/江里昭彦

魔法瓶抱きて火事の火を逃ぐる/皆吉司

一九来し宿は大火に零落し/成瀬正とし

大火聚の金色しばし野焼かな/松瀬青々

大火西に流れて陛下深ねむり/筑紫磐井

浦びとの褌駈けして春の火事/石田勝彦

火事跡のバケツの縁につもる雪/皆吉司

火事ひとつあり大阪の仏生会/辻田克巳

火事の夜の女がつかふ銀の匙/古舘曹人

小火跡の良夜の空家匂ひいづ/福海一幹

庵主のしはがれ聲に近火かな/村上鬼城

火事跡のまた匂ひ出づ雪催ひ/鷹羽狩行

昼の小火/見ている俺と寒鴉/星永文夫

火事の夜は狐の影絵して遊ぶ/古館曹人

火事跡に虚空を掴む一樹あり/薮脇晴美

一月の火事いきいきと風下へ/三橋敏雄

一月や火事いきいきと風下へ/三橋敏雄

月西に大火下火となりにけり/小澤碧童

橋涼み小火の人出のくずれ来る/悌二郎

俳句例:81句目~

白雲の大火の中のわらびかな/田中芥子

討入りの日や下町に小火騒ぎ/鷹羽狩行

賃搗が山ほど呉れし大火かな/松瀬青々

火事既に隣人門に彳てりけり/久米正雄

近火はや迫りし犬を解き放つ/村上杏史

雲焼けて血垂る大火の夜深し/高田蝶衣

倒影として火事の空外濠に/田川飛旅子

蒼白な火事跡の靴下蝶発てり/赤尾兜子

初霜や火事跡といふ黒きもの/鷹羽狩行

風向きの又も不安となる近火/小玉艶子

印泥をこねる力や遠くに火事/内田美紗

又しても火事日暮里や酉の市/増田龍雨

古鏡火事は牡鹿の瞳の奥に/八木三日女

夕ベ空天才が駆け火事終る/宇多喜代子

火事跡に横丁の跡鶏あゆむ/秋元不死男

夜空染め遠火事消ゆる猫の恋/宮武寒々

大木の雪真赤なる火事明り/井上白文地

大橋の潮の早さや火事遠し/大場白水郎

大鏡火事をうつして崩れけり/柿本多映

対岸の火事見る心咎めつゝ/沢井山帰来

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ