季語/身に入む(みにしむ)を使った俳句

「身に入む」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「身に入む」について

【表記】身に入む

【読み方】みにしむ

【ローマ字読み】minishimu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「み」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

身に入むを含む俳句例

就中身に入蔦の嵐哉/団水

身にしむや宵暁の舟じめり/其角

身に入むや女黒服黒鞄/田中裕明

身にしむや蛤うりの朝の酒/亀翁

身に入やうら盆過の夜の雨/鴻水

身に入むや林の奥に日当りて/眸

観光の雨の身に入む梓川/清水基吉

俳諧の咄身にしむ二人哉/正岡子規

身にしみて大根からし秋の風/芭蕉

身にしむと妻や云出て天の川/沾徳

身に沁むや苔衣被て石仏/吉野義子

身に沁みて白樺の幹のぼる蟻/耕二

待宵の身にしむ恋や絹袷/五車反古

戸障子の古く身に入む海の宿/魚目

新しき家達公に身に入みぬ/京極杞陽

身に入むや運河に流す厨水/石川文子

暁の山気身に沁む夏書かな/佐藤紅緑

身にしむや亡妻の櫛を閨に踏む/蕪村

著ぬものゝ破れて身に入芭蕉哉/大賦

身に入むや喪の帷子の薄鼠/野村喜舟

俳句例:21句目~

雪原の青さ身に沁む朝の楽/堀口星眠

石仏の風化身に入む齢かな/鈴木照子

砧槌立てて身にしむ咄かな/橋本鶏二

身に沁むや青森椴松原生林/高澤良一

秋といふ風は身にしむ薬哉/榎本其角

宗達の竹描の象身に沁みぬ/高澤良一

身にしみる昔語りや近松忌/老川敏彦

身に入みて目鼻かなしき卵売/中条明

鳩の声身に入みわたる岩戸哉/松尾芭蕉

身に入むや白装束の笛吹くは/田中裕明

身に入むや芒の中の人さだか/田中裕明

身に入むや馬も洗ひし有馬の湯/赤松子

身に沁みて死にき遺るは謗らるゝ/楸邨

身に沁みて礁を越ゆる夜の潮/加藤楸邨

緊縛の寝台も身にしみにけり/滝井孝作

をさの風身にしむ越の夜寒かな/中勘助

身に沁みて肝胆照らす幹二つ/斉藤美規

身に沁むや忍者屋敷へ人流れ/関森勝夫

迅雷の身にしみし夜を父の夢/野澤節子

適塾の刀痕あまた身に入みぬ/岩崎照子

俳句例:41句目~

颱風の腕力のほど身にしみて/高澤良一

飲み逃げの身に入む夜の石畳/石塚友二

身にしむやほろりとさめし庭の風/犀星

身にしむやゑぐいちぎりの如来肌/郁乎

身にしむや平家の裔の飾太刀/高橋悦男

峠空身にしむ青さ誰が現れむ/野澤節子

身にしむや横川のきぬをすます時/蕪村

身にしむや洋服を売る呉服店/山口恵子

屋台組曳き別れ唄身に入むや/高澤良一

身に入みて貝殼骨のありどころ/岡本眸

身に入むも心のうちは暖かし/高木晴子

身に入むや一境涯の終りたる/桑田青虎

身に入むや半迦弥勒の指の形/石原八束

身に入むや尚々書きの一揆遺書/森田峠

柿の朱ケ身に沁む髪膚衰ふに/佐野美智

身に入むや岬につづく山の墓/永方裕子

身に入むや島の教会畳敷き/宮丸千恵子

身に入むや巻紙長き乃木の遺書/森田峠

身に入むや星に老若ある話/蓬田紀枝子

身に入むや立枯松も鳴り出でゝ/石塚友二

俳句例:61句目~

笛の音の身に入む旅も終らんと/高濱年尾

逼塞の友の遺句集身に入みぬ/冨田みのる

身にしむやそよや銀河の白々と/椎本才麿

身に沁むや職に縋りて疲れをり/小林康治

終り花濃くて身に入む仏桑華/加藤知世子

身に沁みる風亡き人の夢も見ず/佐野美智

身にしむや覗けば深き壺の闇/鈴木真砂女

借用証身にしみて筆うるはしき/藤岡筑邨

身に入むと立てし屏風の巡錫図/亀井糸游

身にしむや立枯松も鳴り出でゝ/石塚友二

身にしむやなき妻のくしを閨に踏む/蕪村

船にゐて身にしむ陸の燈火かな/本宮鼎三

身に入むや瀧の表もその裏も/大木あまり

身に入みてくさやに黒き眼の揃ふ/下田稔

身に入みて拝す心竹なりしかな/藤浦昭代

身に入むや湯気立つ牧の治療棟/佐伯星子

身に入めば天井は垂れ壁は立つ/佐藤漾人

身に入むや海見て海に近づかず/斎藤道子

身に入むや隠れ礁より浪ひびく/山口草堂

身に入むや朝粥を欲る旅もどり/山内山彦

俳句例:81句目~

暗きこそ夜は夜とし身にしみぬ/山本歩禅

曲り屋の遠野民話の身に入むよ/高澤良一

望郷の断たれし寝墓身に入みて/桑田青虎

身に入むや障子の音の朝の蜘蛛/野村喜舟

水割も身に入む酒となりにけり/草間時彦

物ごとの身にしむ風やをなご笹/椎本才麿

身に入むや踏み落す石の谷の音/高浜虚子

身に入みて家壊す日を迎へけり/山内山彦

身にしむや白手套をみるにつけ/飯田蛇笏

身にしみて大封弔辞手に立たれ/亀井糸游

さり気なく聞いて身に入む話かな/富安風生

ふと会話途切れ身に入む夕べかな/稲畑汀子

吾がための寫経を拝み身に入みぬ/千原草之

身に入むや旅のたぐさに取る筆も/清水基吉

妻の忌の身に入む雨の降り出しぬ/三谷貞雄

山うどのにほひ身にしみ病去る/高村光太郎

山を下りて身に入む松の風もなし/角田竹冷

恙身にしみて秋風吹く日かな/長谷川零餘子

日田杉の身に入む山に泊りけり/鈴木しげを

祈るなき身に沁む暁のコーランは/斎藤節子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ