季語/極暑(ごくしょ)を使った俳句

「極暑」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「極暑」について

【表記】極暑

【読み方】ごくしょ

【ローマ字読み】gokusho

子季語・関連季語・傍題・類語など

・酷暑(こくしょ:kokusho)

季節による分類

・「こ」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

極暑を含む俳句例

種犬の血は紫よ酷暑来る/平吹史子

漆喰に潮噴く酷暑水族館/茨木和生

劫暑の眼戦場の昼食短し/片山桃史

嘴あけて歩く極暑の大鴉/大西一冬

極暑の夜父と隔たる広襖/飯田龍太

繭安の極暑の桑を負ひ戻る/相馬遷子

叉銃線兵を睡らせたる劫暑/片山桃史

働きにゆく大阪の酷暑の壁/黒沢一太

夜の酷暑氷塊惜しむ舌端に/石塚友二

月青くかゝる極暑の夜の町/高浜虚子

酷暑極まりて闘志の空転す/浅賀魚木

酷暑なり写楽の貌をして歩む/千手和子

街燃ゆる劫暑のにがき舌に飯/片山桃史

この垣の徒長を宥し酷暑かな/依光陽子

この極暑越す望なき病かな/五十嵐播水

街劫暑夢をもち得ぬ人歩めり/片山桃史

蓋あけし如く極暑の来りけり/星野立子

われのみに見ゆ昼星や極暑来/森川暁水

仏らに極暑の風のすこし吹く/宇野隆雄

我を撃つ敵と劫暑を倶にせる/片山桃史

俳句例:21句目~

やくざ街酷暑の月が歪みをり/村山古郷

塩鮭の骨切る酷暑つゞきをり/右城暮石

夜の港極暑の芥たたへたる/五十嵐播水

泥のやうな睡り極暑を遁走し/高澤良一

氷載せて車疾走し夜も酷暑/田川飛旅子

極暑歩む胃に穴多き課長たち/櫂未知子

酷暑にも堪えつゝ功を争はず/鈴木花蓑

錠剤のみて極暑の中の人に伍す/山崎鏡

静脈の浮き上り来る酷暑かな/横光利一

怖いほどおほばこ伸びぬ極暑来/森川暁水

日の涯に酷暑の時計鳴りにけり/河合凱夫

極暑なる野菜炒めの鍋飛び出て/伊藤京子

極暑用袈裟鳳凰図召されけり/赤松ケイ子

此の酷暑梅むらさきに干上りぬ/久米正雄

積み上げし書が目の高さ酷暑来る/松本旭

箸とれど極暑の膳の興もなや/水原秋桜子

縁側の極暑の煤やいづこより/五十嵐播水

赭き水汲みて酷暑の邑に住む/千代田葛彦

優曇華の咲いて鬼畜の極暑来ぬ/森川暁水

四囲に充つ極暑のひかり広廂/柴田白葉女

俳句例:41句目~

大酷暑張りつめ死への隙間なし/斎藤空華

屋上や酷暑はげゆく空の紺/阿部みどり女

海老寝して極暑の極を越えにけり/斎藤空華

傷つきしものを酷暑の地におく/長谷川素逝

わが寿命ちぢむ思ひの酷暑かな/吉良比呂武

極暑なるひりひり鹹き鮭食うぶ/長谷川素逝

横たはり酷暑の血しほかわく胸/長谷川素逝

樹が洩らす粘液森は酷暑に入る/田川飛旅子

草むらも酷暑の夜勤もみな苛立ち/金子兜太

ついに入院わが四十の酷暑かな/石橋辰之助

おんなの腕ふとくたくましく酷暑/浅原六朗

赤さびの船着き極暑の荷を下ろす/伍賀稚子

極暑なりくちびる赤きまゝ逝きし/沢木欣一

おもひわく微笑しづかに酷暑の辺/斎藤空華

母の背を曲ぐる極暑の死をおもふ/細田寿郎

弾圧来劫暑劫雨日共分裂以後不明/橋本夢道

酷暑燦然たれば死するも我が勝利/斎藤空華

朽ち仏木に還りつつ極暑来る/野見山ひふみ

頭のうへ酷暑の通り過ぎるを待つ/高澤良一

ひそやかに栗育ちをる酷暑かな/阿部みどり女

俳句例:61句目~

たがためのいのち酷暑に継がむとす/野澤節子

汽車たてばそこに極暑の浪の群れ/吉岡禅寺洞

病む身と同じもの食べて妻が酷暑に堪へる/大橋裸木

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ