季語/白菜(はくさい)を使った俳句

「白菜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「白菜」について

【表記】白菜

【読み方】はくさい

【ローマ字読み】hakusai

子季語・関連季語・傍題・類語など

・白菜漬(はくさいづけ:hakusaizuke)

季節による分類

・「は」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

白菜を含む俳句例

葱根深大根白菜底曇/石塚友二

白菜の切口甘き厨かな/河合甲南

4Bで描く白菜の断面図/浦川聡子

白菜をさつく~と鍋用意/高木晴子

白菜をどかと仏へ飛鳥人/高澤良一

白菜に塩ふる齢重ねけり/千原満恵

閻王が斎の白菜ひた白し/藤田湘子

白菜洗ふ一切洗ふ女の手/中村明子

水霜を浴びて白菜緊まりけり/青畝

白菜を軒に並べて農閑か/矢頭萩花

白菜や小鉢の渦の藍濃ゆく/今泉貞鳳

丸洗いする白菜と腕時計/永瀬千枝子

白菜やつむじ二つの赤ん坊/石口光子

白菜のかたちに霜の白きこと/高田保

白菜の鉢巻内を充すために/香西照雄

白菜の一圃の翠抜ん出たり/石塚友二

寄鍋の白菜雪のごとくなり/山口青邨

山の神と云はれ白菜漬上手/渡辺恭子

百鬼みな白菜となり姥捨山/栗林千津

幻のごとし白菜漬け終り/北原志満子

俳句例:21句目~

白菜の大海原にひろがれり/大石雄鬼

きしませて白菜漬くる岳颪/池田悦子

白菜割り妻の閑日華やかに/古館曹人

白菜の荷をおろしゐる法降寺/角光雄

白菜と夜目に運びて年用意/中村汀女

水あがる白菜夜雲真珠色/石田あき子

白菜の呼吸仏事の深みにて/栗林千津

洗はれて白菜の尻陽に揃ふ/楠本憲吉

白菜を離島の如く採り残す/能村研三

白菜の芯まで濃尾日和かな/梅村半醒

白菜を真二つ芯の黄色かも/嶋田得山

白菜を割る激浪を前にして/大野林火

白菜を切りてぞ頒つ二月尽/林原耒井

白菜をざくと二つに春近し/林原耒井

さりながら保留白菜透き通る/櫂未知子

しろがねの白菜として完結す/辻美奈子

そむくことなき白菜を縛る紐/金子高遠

鹿の世に清きものあり白菜哉/寺田寅彦

真二つに白菜断てばあな美し/福田蓼汀

人ごみに会ふ白菜を抱く妻と/橋本榮治

俳句例:41句目~

藁をもて結はれ白菜玉いそぐ/石塚友二

鍋煮立つしゆんと白菜放り込む/星野椿

雨情忌の詩碑に白菜供へあり/西本一都

大白菜かがやく芯に刃を入るる/村田脩

洗われて白菜の尻まな板に/四十物敦子

従軍僧黙り白菜陽にちゞれ/石橋辰之助

暖冬の巻かぬ白菜あちこちと/戸田利枝

武蔵野や流れをはさみ葱白菜/臼田亞浪

白菜に体温移る抱きごころ/鳥居おさむ

白菜に包丁ざくと沈みけり/稲畑廣太郎

白菜の一枚づつの白さの差/阿波野青畝

白菜の一株にして一かかへ/吉田きよ子

白菜の夜干しの芯の浅黄色/土田日露史

白菜の尻ふたつある銃後かな/田中信克

白菜の尻ふたつづつ束ねらる/嶋田麻紀

白菜の山に身を入れ目で数ふ/中村汀女

白菜の玉なしけぶる高師野や/太田鴻村

白菜の積み残されて家は留守/前田忠男

白菜の積荷かがやき動き出す/井上美子

白菜の一山値札つきさして/深見けん二

俳句例:61句目~

白菜の荷が着き南京町の朝/鈴木寿美子

白菜の黙ひとつづつ括りゆく/西村梛子

白菜は甘くあしたは恐ろしき/櫂未知子

白菜やところどころに人の恩/阿部完市

白菜や釈迦牟尼堂の点るなり/五島高資

白菜をむさぼり嘘を吐かぬ男/林原耒井

白菜を四つに割りて干せる縁/山形黎子

白菜を山積みにして富士隠す/能村研三

白菜を抜きて抱きし露まみれ/林原耒井

白菜を抱へゆく肘やはらかく/石原舟月

白菜を洗ふ双手は櫂の冷え/大木あまり

白菜を煮て絹のごと西行忌/赤松ケイ子

白菜を紙にくるめば吉良の首/島津城子

白菜を翼はづせるごとく剥く/宮坂静生

キリストのうしろ白菜真二つ/波多野爽波

ラジオ分解楽しや母は白菜剥ぐ/香西照雄

白菜洗ふ死とは無縁の顔をして/寺田京子

凍て土ゆ凍て白菜を捩ぎ取りぬ/林原耒井

受くべしや白菜は汝が胸もとへ/林原耒井

白菜に顔寄せて持ちはこぶ子ら/前田典子

俳句例:81句目~

蕪白菜なかの一個の朴氏かな/高橋たねを

王ならむわれに不眠と白菜と/高橋たねを

塩と白菜母の晩年わが手中に/磯貝碧蹄館

白菜の山一指もて糶られけり/池田風比古

愛されてゐて白菜を割りにけり/金田咲子

白菜を漬けて曠野に生きんとす/加藤楸邨

白菜洗う死とは無縁の顔をして/寺田京子

灯の洩れるあかるさ拾ひ白菜売/中山純子

白菜洗ふ孫の下着も脱がせたく/香西照雄

白菜の芯までとろけ夫を待つ/上尾ヤス子

真二つに白菜を割る夕日の中/福田甲子雄

白菜を赤子のやうに抱いてくる/野木桃花

何のむなしさ白菜白く洗ひ上げ/渡邊千枝子

白菜のきくきくと漬けこまれけり/石原沙人

白菜を洗ひて日なたぬらしをり/小沢青柚子

白菜が積まれ落書したくなりぬ/加倉井秋を

白菜を買ふふつくらとした手かな/石田勝彦

洗ひ上げ白菜も妻もかがやけり/能村登四郎

星うたげせり白菜を漬けし夜は/千代田葛彦

白菜干すおてんとさんに尻向けて/高澤良一

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ