季語/夕爾忌(ゆうじき)を使った俳句

「夕爾忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夕爾忌」について

【表記】夕爾忌

【読み方】ゆうじき

【ローマ字読み】yujiki

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ゆ」で始まる夏の季語

・「夏の行事」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

夕爾忌を含む俳句例

夕爾忌や港にテープ屑流れ/菅原鬨也

駅柵に雲のたたずむ夕爾の忌/朔田恭

どの壺にも秋草適ふ夕爾の忌/鈴木栄子

傘雨忌もて夏来夕爾忌もて秋来/安住敦

金田に月を上げたる夕爾の忌/佐藤映二

夕爾忌の仰ぎて栗の毬わかし/石田あき子

夕爾忌の降りいでし山見て眠る/長谷川双

夕爾忌やあがりて見えぬ夏ひばり/安住敦

ふところに野の風溜むる夕爾の忌/永方裕子

夕爾忌や婆娑と飛びきしきりぎりす/安住敦

貸してある句集返らず夕爾の忌/石田あき子

丸善に本探しをり夕爾の忌/安住敦「柿の木坂雑唱以後」

北指して雲ゆくばかり夕爾の忌/藤田ひろむ「遠こだま」

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ