季語/先帝祭(せんていさい)を使った俳句

「先帝祭」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「先帝祭」について

【表記】先帝祭

【読み方】せんていさい

【ローマ字読み】senteisai

子季語・関連季語・傍題・類語など

・先帝会(せんていえ:senteie)

季節による分類

・「せ」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

先帝祭を含む俳句例

水底に都先帝祭の雨/川本柳城

先帝祭墓垣に風避けゐたり/原裕

浪音を終始奏上先帝祭/竹腰八柏

天を青水を藍とし先帝祭/丸山海道

家々や先帝祭の客設け/楠目橙黄子

春の潮先帝祭も近づきぬ/高濱虚子

朝網の河豚三宝に先帝祭/大坪文子

海峡荒れ先帝祭へ人の渦/高本幸子

白波や先帝祭はじまりし/細谷定行

藤活けて先帝祭の巫女溜/山田緑子

先導に先帝祭の烏帽子海士/山田緑子

波うれふ藻屑いろ屑先帝祭/庄司瓦全

海峡を夕日埋むる先帝祭/すずき波浪

舟岸に添うて先帝祭を見に/赤迫雨渓

駕籠ぬちに眠き禿や先帝祭/石津柊光

琵琶を聴く一人の盲先帝会/香月梅邨

今日荒るる先帝祭の渡船かな/国友子紅

先帝祭流れゆく藻の浮き沈み/岡本庚子

先帝祭過ぎきりきりと髪洗ふ/坂巻純子

紅石の雨となりたる先帝祭/福田/玉函子

俳句例:21句目~

先帝祭針千河豚もおちようちん/百合山羽公

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ