季語/蓮の実(はすのみ)を使った俳句

「蓮の実」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蓮の実」について

【表記】蓮の実

【読み方】はすのみ

【ローマ字読み】hasunomi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蓮の実飛ぶ(はすのみとぶ:hasunomitobu)

季節による分類

・「は」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

蓮の実を含む俳句例

蓮の実大音声に晴れわたり/原裕

蓮の実を袖に疑ふ霰哉/井原西鶴

涼風に蓮の飯喰ふ別れかな/史邦

蓮の実のその深緑物語り/金子皆子

蓮の実の一つ魁け空に風/原コウ子

鬼蓮の実の萍の中にとぶ/丹羽玄子

極楽は蓮の実飛で月丸し/子規句集

蓮の実跳ぶや少年反抗期/柴田奈美

蓮の実に空席ありぬ傾く日/高澤良一

静さや蓮の実の飛ぶあまたゝび/麦水

旅先の加賀の地酒に蓮の実/高澤良一

虚言癖昂じて跳びぬ蓮の実/柴田奈美

蓮の実の食べ方蓮を前にして/高澤良一

誰彼に逢うて蓮の実とぶ故郷/伊藤京子

鑑真の寺の蓮の実飛びにけり/塩谷/孝

蓮の実とぶ近山映り母亡き池/松村蒼石

青空は無限蓮の実つぶさなり/松村蒼石

静けさや蓮の実の飛ぶあまたたび/麦水

蓮の実のとんで都のはづれかな/桂信子

此夕蓮の実みなになりけらし/寺田寅彦

俳句例:21句目~

蓮の実のとぶや蟹煮る隣あり/松瀬青々

蓮の実有効経て古き亀もあり/山口素堂

蓮の実の幼なくあまし米寿前/松村蒼石

蓮の実の青き実弾抜きて見す/高澤良一

蓮の実の飛びし音など母の家/佐伯尚子

蓮の実の飛ぶや出離の一大事/正岡子規

蓮の実が飛ぶ狂院の真昼時/八木三日女

蓮の実の飛ぶや日月棒立ちに/中村苑子

蓮の実のあをあを八雲旧居かな/篠永妙子

蓮の実とぶぐずぐずぐずの柔道着/栗島弘

みちばたの蓮の実売や秋まつり/木津柳芽

舷に水漬く蓮の実かぞへゆく/軽部烏帽子

蓮の実のよくとぶ日和ここ暫し/井桁蒼水

蓮の実の飛ぶに間のある上野山/高澤良一

蓮の実が飛ぶ女から夢が飛ぶ/布施伊夜子

水盤の小き蓮の実も飛びにけり/寺田寅彦

煙草の煙吹きかけて蓮の実飛ぶ/高浜虚子

蓮の実が飛べり隣もすぐ飛べり/袖尾季羊

蓮の実にたぐひて柿の味かろし/富田木歩

蓮の実のぬけつくしたる蓮のみか/越/人

俳句例:41句目~

蓮の実の飛ぶを支へて茎はあり/藤松遊子

蓮の実の飛んで御陵の衛士の閑/吉川康子

蓮の実のはじけ飛んだる空の色/満田玲子

蓮の実や食ひちらかして盆の上/村上鬼城

牛久沼蓮の実浸けて澄めりけり/軽部烏帽子

ほつほつと蓮の実を噛む微酔かな/村上鬼城

蓮の実に蜻蛉が止まりさうになる/西村和子

救命具脱ぐとき蓮の実が飛んだ/山口都茂女

蓮の実のとんでみづうみ日和かな/根岸善雄

父に子に明日への希ひ蓮の実とぶ/加藤楸邨

蓮の実の飛んで鬼討つはなしかな/坂内佳禰

蓮の実の飛んで鼬の目となるか/前田吐実男

蓮の実のとんで描きたる水輪かな/麻田椎花

蓮の実の飛ぶころといふ水の色/今井杏太郎

蓮の実のとんでしまひし寺の昼/鷲谷七菜子

蓮の実のこぼれつくして何もなし/正岡子規

蓮の実飛ぶ失ひし吾が過去のごと/山田佐人

蓮の実のしきりに飛ぶや見舞籠/大木あまり

蓮の実の飛ばんと傾ぐうてなかな/菅野春虹

蓮の実の飛びさうになる西日かな/井上井月

俳句例:61句目~

蓮の実とぶ老懶が身にさだまれり/松村蒼石

蓮の実のしらしらと旅ひとつ了ふ/山田みづえ

子等の手に水漬く蓮の実深ければ/軽部烏帽子

蓮の実のしづかに見ればまのあたり/岸本尚毅

地上に母子蓮の実とぶも朝の一部/磯貝碧蹄館

大前に蓮の実の飛ぶめでたさよ/大隈/伊津子

蓮の実の飛んでイエスの臍くらし/大木あまり

蓮の実とぶ妻もしなくば日月なし/磯貝碧蹄館

蓮の実をひとつぶ抜いてみたりけり/山尾玉藻

蓮の実の飛びそこなうてしなびけり/寺田寅彦

蓮の実の飛びしかにまだ飛ばぬかに/石井とし夫

はなびらのくづれて蓮の実となりぬ/軽部烏頭子

蓮の実の飛ばず仕舞ひに枯るるあり/金久美智子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ