季語/春袷(はるあわせ)を使った俳句

「春袷」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春袷」について

【表記】春袷

【読み方】はるあわせ

【ローマ字読み】haruawase

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春袷を含む俳句例

春袷白き手にある躾糸/今泉貞鳳

咳去つて身体軽しや春袷/水内鬼灯

春袷人中に眼を偸み見る/飯田蛇笏

母ならぬ身に紐つよく春袷/井上雪

袖つめて誰にのこさむ春袷/林三栄

春袷とつつきにくき男ゐて/石川桂郎

春袷坂下り来れば小坪村/永井東門居

彌撒の花白き手にあり春袷/佐々木有風

春袷をとこ着こなし枳殻邸/玉出雁梓幸

行きずりの私語も柔らか春袷/大津信子

長生をあやまつてゐる春袷/大木あまり

そよそよと生きて来しなり春袷/山田みづえ

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ