季語/春炬燵(はるごたつ)を使った俳句

「春炬燵」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春炬燵」について

【表記】春炬燵

【読み方】はるごたつ

【ローマ字読み】harugotatsu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春の炬燵(はるのこたつ:harunokotatsu)

・春の火燵(はるのこたつ:harunokotatsu_)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春炬燵を含む俳句例

訪へば春の炬燵に謡本/星野椿

雛僧と仏の山に春炬燵/近藤一鴻

佃島住吉さまの春炬燵/斉藤夏風

春炬燵窓に一本松の幹/細川加賀

小説の女に惚れて春炬燵/原赤松子

潮鳴や妻子に遠き春炬燵/加藤楸邨

春炬燵姙りの髪重く見ゆ/宮津昭彦

瞑想の鼾に覚めて春炬燵/小出秋光

日記書く机代りに春炬燵/逸見静江

家々の春の炬燵や三国町/成瀬正俊

飲食も目薬さすも春炬燵/久力澄子

洋芹の水奏でをり春炬燵/堀口星眠

わが齢妻の齢や春炬燵/山崎ひさを

身の上の話をすこし春炬燵/角光雄

女ばかり漬物句会春炬燵/西本一都

足入れて中の虚ろや春炬燵/辻桃子

巡業や春炬燵して迎へ舟/寿々木米若

延若も死にたる春の炬燵かな/龍岡晋

晩飯も便りも愚痴も春炬燵/今泉貞鳳

春炬燵風北寄りに変りけり/永方裕子

俳句例:21句目~

春炬燵あまたの恩を来し方に/及川貞

娶せてうから殖しぬ春炬燵/毛塚静枝

一日の毒とつぷりと春炬燵/嶋田麻紀

三人の二人笑ひし春炬燵/成瀬正とし

春炬燵沖にほつほつ白帆生る/中拓夫

釣宿の家族にまじる春炬燵/小林勇二

五十来る春の炬燵に足太り/菖蒲あや

京都より妹来てゐる春炬燵/山田弘子

人形も茶話の一人や春炬燵/石川/幸

裏山を夕日洩れくる春炬燵/宮津昭彦

借りて読む七番日記春炬燵/黒田杏子

糸屑を唇にあてたり春炬燵/石橋秀野

退職の妻の座きまる春炬燵/大西一冬

小説に出てくる犬や春炬燵/大島民郎

四人とは落着く数字春炬燵/奈良文夫

春炬燵四稜の三つを女占む/丸山海道

そばに置く鳥類図鑑春炬燵/松村陽子

妻につく眠りの神や春炬燵/長谷川櫂

春昼や布団正しき置炬燵/五十嵐播水

稿二百枚の重さよ春炬燵/山内年日子

俳句例:41句目~

妻老いぬ春の炬燵に額伏せ/富安風生

春炬燵湯気の赤子を裏返す/塚原いま乃

春炬燵眠き吾子の目吾に似る/相馬遷子

ことば尻とらへられたる春炬燵/神崎忠

このあたり山といへり春炬燵/川崎展宏

春炬燵貧乏ゆすり止めよかし/永井龍男

昼も夜も春の炬燵に老二人/五十嵐播水

楢山の浮かんでゐたる春炬燵/吉田鴻司

それとなく話はづして春炬燵/星野立子

猫の爪切つてやるなり春炬燵/長谷川櫂

病よき春の炬燵にもたれ読む/丸山茨月

目反らすは男の敗けや春炬燵/岸風三樓

硝子戸に嶺々が真蒼し春炬燵/宮坂静生

礼容をうしなはぬ娘や春炬燵/飯田蛇笏

肩書きの一つ落ちたり春炬燵/吉田/修

虚子旧庵はわが旧庵よ春炬燵/村松紅花

叔母二人待つてくれゐる春炬燵/星野椿

言霊のすゝと避けゆく春炬燵/池田澄子

転居後の春の炬燵の十日ほど/山田弘子

辞書俳書積んで城とし春炬燵/近藤一水

俳句例:61句目~

長臑をさしちがへたる春炬燵/大石悦子

億年を燃ゆる地球に春炬燵/和田耕三郎

奥の湯の電話鳴りつぐ春炬燵/大島民郎

嫁がせしごとき思ひや春炬燵/羽部洞然

定席のこの頃崩れて春炬燵/平井さち子

少しの間春の炬燵に客あづけ/下田実花

律義なるものの俯伏す春炬燵/飯田蛇笏

怠け癖もどるや雨の春炬燵/水原秋櫻子

新聞をひろげつぱなし春炬燵/川崎展宏

春炬燵けさ鴬のうぐひす鳴き/石川桂郎

春炬燵げじげじ土の香を齎す/栗生純夫

春炬燵してあることも忘れゐし/上村占

春炬燵たたみて未練残りけり/白石台水

春炬燵つよき女のやつれし背/大前/博

春炬燵みんな出かけてしまひけり/黛執

春炬燵母の忌の足入れ合へり/奈良文夫

春炬燵母の涙を見てしまふ/平間真木子

春炬燵深睡りしてかなしまる/大石悦子

うたゝ寝をたのしむ母の春炬燵/河村玲波

親娘ともテレビに向きて春炬燵/今泉貞鳳

俳句例:81句目~

春炬燵出だし書出し出てこない/増田豊子

妻入れて春の炬燵となりにけり/長谷川櫂

誰をかも待つ身の如し春炬燵/松本たかし

足を伸ばせば突き抜けて春炬燵/今瀬剛一

春炬燵口すべらせてよりの黙/八幡より子

炬燵板反りて読み書き春を待つ/皆吉爽雨

ととのふものなかんづく春炬燵/安東次男

ひつそりと母をあたため春炬燵/岡崎桂子

ひといろに湖昏れてゆく春炬燵/斎藤梅子

出不精の足の出てゐる春炬燵/船坂ちか子

二の丸へ向きし宿りの春炬燵/つじ加代子

春炬燵酔へば釣らるる故郷訛/槫沼けい一

三人の子にかこまれて春炬燵/石川/梨代

わが死後のことにも及び春炬燵/橋本榮治

思はぬ方から日があたり春炬燵/藤岡筑邨

春炬燵鸚鵡の真似をする人間/中村草田男

春炬燵四人はものの分け易く/大橋こと枝

忘れもののやうに母ゐる春炬燵/猪口節子

書を置いて開かずにあり春炬燵/高浜虚子

来ていまだ伏せある手紙春炬燵/村越化石

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ