季語/常楽会(じょうらくえ)を使った俳句

「常楽会」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「常楽会」について

【表記】常楽会

【読み方】じょうらくえ

【ローマ字読み】jorakue

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

常楽会を含む俳句例

転法輪各々廻し常楽会/岡本春人

大勢の末世の僧の常楽会/三星山彦

松風に風鐸かなで常楽会/亀井糸游

煩悩に一日の暇や常楽会/小松月尚

瓔珞の煤紐なびき常楽会/木田一杉

甲羅干す亀仰山や常楽会/大本美沙

纓絡の煤紐なびき常楽会/本田一杉

美しき四簷の雨や常楽会/雛津夢里

雪もよふ雲に灯し常楽会/稲垣黄雨

常楽会闇に馴れたる眼据ゑ/飯田龍太

年寄の羽打ちつれたり常楽会/森澄雄

松籠めの大湯屋に鵯常楽会/岡井省二

衆僧にしらむ障子や常楽会/三星山彦

人の世の櫛の落ちたる常楽会/八尾/修

山茱萸にことしの花や常楽会/榎本野影

常楽会東国の旅に出て会へり/飯田蛇笏

百僧のたれかささやく常楽会/黒田杏子

遺教経マイクにかかり常楽会/富安風生

常楽会比丘尼の咳をまじへけり/野澤節子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ