季語/種案山子(たねかがし)を使った俳句

「種案山子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「種案山子」について

【表記】種案山子

【読み方】たねかがし

【ローマ字読み】tanekagashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「た」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

種案山子を含む俳句例

種案山子夜は見守る北斗星/林昌華

種案山子波照の奥の鬼界島/巌谷小波

種案山子赤き帽子を戴かせ/松藤夏山

傭兵の如くなびける種案山子/小林貴子

山国の闇降りてきし種案山子/宮田正和

影歪むほどに風あり種案山子/渋沢渋亭

水口をかためて風に種案山子/古舘曹人

種案山子たてゝ女の旅に発つ/都甲君子

種案山子袖吹かれ立つ裏は海/成田千空

義国の闇降りてきし種案山子/宮田正和

翡翠を肩にとめをり種案山子/鈴木柿城

足もとの少し不安気種案山子/小向知枝

一点の眼を入るるなり種案山子/瀬川芹子

十字架の影負ひにけり種案山子/中尾花声

子が書きて目鼻大きや種案山子/宮田正和

種案山子没り日の赤さ極まれる/成田千空

種案山子短かき影を落しけり/山田みづえ

種案山子花の吉野を打ち眺め/猿橋統流子

貧なれど野卑にはあらず種案山子/平瀬元

赤き帯ひらひらさせて種案山子/野田迪子

俳句例:21句目~

黒づくめにて暗からず種案山子/大熊輝一

かはたれの水の鬨なす種案山子/古山のぼる

すぐそばに鴉のゐたる種案山子/下村ひろし

種案山子きのふも畦に寝かされて/関森勝夫

種案山子袖の水漬かんばかりなり/鈴木奈つ

まなざしの埴輪に似たる種案山子/山崎冨美子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ