季語/春駒(はるこま)を使った俳句

「春駒」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春駒」について

【表記】春駒

【読み方】はるこま

【ローマ字読み】harukoma

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春駒舞(はるこままい:harukomamai)

・春駒踊(はるこまおどり:harukomaodori)

・春駒万歳(はるこままんざい:harukomamanzai)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

春駒を含む俳句例

春駒や男顔なる女の子/太祇

春駒や染分手綱濃紫/籾山梓月

春駒がゆく雪嶺を雲の上/森澄雄

春駒の鴎を翔たす鈴の音/皆川盤水

春駒やよい子育し小屋の者/炭太祇

面あげて風の春駒磯いそぐ/岸田稚

春駒に童つきゆく浦曲みち/中川文彦

春駒の昨日廻りし村に泊つ/高澤良一

春駒の胸の下なる膝やすまず/草田男

春駒やふり分け髪の振りくらべ/素丸

春駒や味方但馬の盛り節/松岡金亀子

春駒や通し土間より日本海/赤塚五行

春駒や雪の椿をくぐり来て/中島花楠

春駒の影たたかうて来りけり/萩原麦草

春駒の鈴の音澄めり湖に来て/皆川盤水

春駒やぽこんぽこんと山並び/中村清子

春駒や己が宿より舞ふて出づ/松瀬青々

春駒や江を渡り来て美男村/広江八重桜

暮るる海春駒面剥ぎ怒り顔/加藤知世子

郡上のなあふくら雀も春駒を/高澤良一

俳句例:21句目~

酔うて来し春駒みれば女なる/前川龍二

つと出でて妹の春駒いさむかな/菊池芳女

春駒は面のうちよりささやけり/藤井青咲

春駒や父祖の世よりの佐渡暮し/成瀬正とし

春駒のどこかをかしくかなしくて/金子のぼる

春駒の松にくるわや朝日かけ/内藤鳴雪、松浦爲王編

春駒の哥でとかすや門の雪/一茶/文化十三年丙子