季語/投扇興(とうせんきょう)を使った俳句

「投扇興」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「投扇興」について

【表記】投扇興

【読み方】とうせんきょう

【ローマ字読み】tosenkyo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・投扇(とうせん:tosen)

・扇投(おうぎなげ:oginage)

季節による分類

・「と」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

投扇興を含む俳句例

投扇に興ずる東男吾/井桁蒼水

投扇の扇かさねし膝の前/下村福

春雨や投扇興の鈴の音/羅蘇山人

袖長き投扇興の女かな/細川加賀

投扇興故を温ね遊びけり/高浜虚子

男われ投扇興に負けつゞけ/森田峠

ひと組の投扇興を座の興に/高浜年尾

古き世の投扇興に鈴ふたつ/角川照子

夢に又投扇興の師に見え/深川正一郎

尼門跡の声の若やぐ投扇興/但馬美作

投扇のたなごころ置く青畳/大橋敦子

投扇興小人数ながら庵の春/大谷句佛

投扇興黄なる扇がよく当る/星野立子

とるほども無き袂とり投扇興/高本時子

ばらばらに花散る里や投扇興/大下秀子

力ふと抜けて射止めし投扇興/山田弘子

投扇の力みはづして構へけり/荒井正隆

投扇興妬み心のしばしあり/徳永山冬子

投扇興末子さかしく笑ひ初む/大谷句仏

若き日をふと懐かしむ投扇興/八木綾子

俳句例:21句目~

坊さまのふはりと当てて投扇興/岡田久慧

投扇の呼吸といふを見たるかな/山田弘子

投扇逸れてひらめき落ちにけり/原田種茅

も一度は吾に投げさせよ投扇興/城戸崎丹花

投扇興まつすぐといふはかなごと/赤澤新子

投扇興衣紋いなしてかまへたり/阿波野青畝

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ