季語/春の夢(はるのゆめ)を使った俳句

「春の夢」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春の夢」について

【表記】春の夢

【読み方】はるのゆめ

【ローマ字読み】harunoyume

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春の夢を含む俳句例

春の夢濃紫を残しけり/高橋睦郎

夢違観音春の夢消さな/鈴木昭子

春の夢気の違はぬが恨めしい/来山

立春の夢に刃物の林立す/柿本多映

春の夢水平線の近くまで/足立礼子

春の夢墓のほとりを水流れ/森重昭

春の夢草むらにまだ狙撃兵/皆吉司

春の夢他人が始終側にゐて/赤尾恵以

春の夢心驚けば覚めやすし/富安風生

切腹は白き色なり春の夢/長谷川秋子

北前船泊つる九谷を春の夢/高橋睦郎

春の夢聊斎志異に似て妖し/鈴木青園

業平と旅せむ春の夢ならば/向田貴子

中空に修羅を舞ひたる春の夢/佐藤鬼房

御昼まで忘れずにゐる春の夢/桑原三郎

春の夢あまたの橋をわたるかな/桂信子

春の夢みてゐて瞼ぬれにけり/三橋鷹女

春の夢尾鰭をつけて話しけり/大向/稔

春の夢眼鏡をかけずもう一度/二村典子

春の夢山脈を曳きずるは雉子/金子皆子

俳句例:21句目~

春の夢三鬼の髭に会ひにけり/島野光生

春の夢音を聞かずに終りたる/牧石剛明

春の夢鳥のことばのよく解り/太田寛郎

春の夢少しぼかして妻に言ふ/後藤静一

春の夢閻魔の前をすたすたと/杵淵三津

籠の鵬春の夢なら飼はんかな/中西夕紀

逝く春の夢の子細に及びけり/橋本榮治

逝く春の夢の渚にひとと逢ふ/野澤節子

鉄鉢を掌に乗せし春の夢/長谷川かな女

持論などいかゞなものか春の夢/加藤郁乎

春の夢さめて病ひののこりけり/細川加賀

春の夢つづき煌たり疲れたり/中村草田男

春の夢のごとく娘が嫁くと言ふ/鈴木鷹夫

春の夢みて熱さましどつと効く/内田美紗

春の夢水のかたちにたとふべき/松澤雅世

江ノ島も褪せゐし春の夢いづこ/石塚友二

あるときはふるさと燃ゆる春の夢/藤田湘子

春の夢つかのまなりしおもかげよ/吉屋信子

春の夢天空駆けてゐる「わたし」/樋口津ぐ

春の夢縄の梯子をのぼらせて/はらだかおる

俳句例:41句目~

春の夢夜つづき煌たり疲れたり/中村草田男

春の夢の中ではらはらしてゐたる/猪俣千代子

覚めて身のしなやかならず春の夢/片山由美子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ