季語/初春(しょしゅん)を使った俳句

「初春」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初春」について

【表記】初春

【読み方】しょしゅん

【ローマ字読み】shoshun

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春初(はるはじめ:haruhajime)

・孟春(もうしゅん:moshun)

・上春(じょうしゅん:joshun)

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

初春を含む俳句例

枯枝に初春の雨の玉円か/高浜虚子

かりくらや孟春隣る月の暈/飯田蛇笏

浦々に春のはじめの葱畑/鳥居美智子

屑籠の網に日の透く春はじめ/矢野緑詩

雪山に春のはじめの滝こだま/大野林火

孟春や鳥影須臾もとゞまらず/光岡朶青子

暗がりに春のはじめの客土の香/佐野美智

黄梅の春のはじめの黄なるかな/大橋敦子

れんげ田に藁撒く春のはじめかな/細見綾子

箕はおなじ色して春のはじめかな/神尾久美子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ