季語/鳥帰る(とりかえる)を使った俳句

「鳥帰る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鳥帰る」について

【表記】鳥帰る

【読み方】とりかえる

【ローマ字読み】torikaeru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・小鳥帰る(ことりかえる:kotorikaeru)

・帰る鳥(かえるとり:kaerutori)

・鳥引く(とりひく:torihiku)

・引鳥(ひきどり:hikidori)

季節による分類

・「と」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

鳥帰るを含む俳句例

山陰や誰呼子鳥引板の音/蕪村

檐近き夕映空や鳥帰る/寺田寅彦

大阪や煙の中を鳥帰る/青木月斗

鳥帰る赤い針山窓際に/佐藤和夫

湖青し雪の山々鳥帰る/子規句集

この国の桜を見ずや鳥帰る/森澄雄

鳥帰る空や大きな雫垂れ/池田義弘

鳥帰る渡り大工のわが上を/北光星

トーチカを残す海峡鳥帰る/杉本寛

引鳥の中にまじるや田螺取り/支老

時鳥帰り支度の我に鳴く/石井邦子

暁といふ短さを鳥帰る/大川つとむ

北窓にありあまる空鳥帰る/原田喬

鳥帰る沖に父の帆一つあり/中拓夫

街燈は高きにともり鳥帰る/桂信子

鳥帰るたれか宜候呼ばわり/渋谷道

鳥帰る三河の涯や五平餅/古舘曹人

鳥帰る近江に白き皿重ね/柿本多映

大空へつづく島畑鳥帰る/千手和子

山々の松なぎ倒し鳥帰る/対馬康子

俳句例:21句目~

鳥帰る桜田門を掃き終り/斉藤夏風

漂泊といふこと人に鳥帰る/稲岡長

小鳥引く畑の中の古戦場/古舘曹人

鳥帰るなり整然と椅子机/石田郷子

鳥帰るいづこの窓も真顔見え/今井聖

鳥帰るところどころに寺の塔/森澄雄

鳥帰るはや逡巡の歳ならず/荒井正隆

鳥かへる風雨の夜の時計かな/原田喬

鳥帰る北上川を見てあれば/倉田紘文

鳥帰る東京に人流れつく/和田耕三郎

光より湧きて光へ鳥帰る/水田むつみ

南蛮船渡来の潮路鳥帰る/下村ひろし

鳥帰る無辺の光追ひながら/佐藤鬼房

鳥帰る空の一角伸びてゆく/山田弘子

鳥帰る羅馬に続く橋の上/伊藤いと子

鳥帰る老は出口のなき淵か/飯田龍太

鳥帰る野中に楡と水たまり/鈴木貞雄

宿帳にのこる齢や鳥帰る/北見さとる

山の端の雲入れ替り鳥帰る/浦山輝代

山荘に馬柵二重なり鳥帰る/皆吉爽雨

俳句例:41句目~

鳥帰る雁木の上の石の数/文挾夫佐恵

鳥帰る電気自動車走る世も/高澤良一

心音の乱るる日なり鳥帰る/福田蓼汀

鳥帰る魔女の箒も帰りけり/石田郷子

時の鐘鳴りつぐ天を鳥帰る/高橋悦男

正装のリボンは十字鳥帰る/対馬康子

鳥帰る鳩は鳩胸つき合せ/百合山羽公

水煙の塔の天路を鳥帰る/野見山朱鳥

汐木焚く火に煙なし鳥帰る/青木重行

江の北に雲なき日也鳥帰る/松瀬青々

小鳥引く木曾路は細き人の道/大串章

遠くまで雨の引鳥見ゆるかな/石嶌岳

鳥引くや雪まだ残る越の里/中村昭一

父ありし昨日の空や鳥帰る/橋本榮治

米山のはづれに海や鳥かへる/上村占

磯近き出湯に浸れば鳥帰る/大網信行

筑波嶺は天の道標鳥帰る/小川斉東語

葬すみ後のうつろに鳥帰る/福田蓼汀

親友のとなりに坐り鳥帰る/桑原三郎

頬杖の杖をはづして鳥帰る/伊藤敦子

俳句例:61句目~

鳥帰るいつもの道にゐて仰ぐ/岸田稚

鳥帰る一羽は天の裏門より/河原枇杷男

ねむる鍬精切れし鎌鳥帰る/百合山羽公

鳥帰る父の血を享くさみしさも/岸洋子

鳥帰るゴルフ帰りの男女らに/飯田龍太

鳥帰る看取り二十日の仏かな/溝口昭二

先頭は空に溶けゐて鳥帰る/猪俣千代子

啼き交はし木の鳥竹の鳥帰る/梅沢墨水

地震なき地へ高々と鳥帰る/五十嵐哲也

鳥帰る藁しべいろに田をつなぎ/岡本眸

夕立後じつくりと濡て鳥帰る/北原白秋

鳥帰る石器の出でしローム層/福田蓼汀

帰らんとわれはいづくへ鳥帰る/森澄雄

鳥帰る空に掟のあるごとく/寺島ただし

旨さうな鳥だつたのに鳥帰る/櫂未知子

鳥帰り汁甘くなる鬼うどん/大木あまり

鳥帰る人の世は靴すり減らし/清水径子

鳥帰る約束ごとのあるやうに/新津静香

滅びたる山河とがめず鳥帰る/秋山卓三

猪垣に日のありながら鳥帰る/山尾玉藻

俳句例:81句目~

鳥帰る終の住みかなど要らぬ/伊藤昌子

鳥帰るこんにやく村の夕空を/飯田龍太

鳥帰りたる夜の雨をききゐたり/塙告冬

鳥帰る野菜の花の咲くころを/岡本高明

鳥帰る捨つと決めたる手紙束/西村和子

鳥帰る未完の笛を掌に残し/藤沢紗智子

一隅を暗くして鳥引きにけり/石田勝彦

墓標杉鳥引く空を蔽ひけり/鷲谷七菜子

鳥帰るテレビに故人映りつつ/岸本尚毅

小鳥引く頃の薬を竝べては/佐々木六戈

自転車を路地に洗へば鳥帰る/依光陽子

繃帯は自愛のしるし鳥帰る/磯貝碧蹄館

牧の道小鳥引きたる羽か拾ふ/皆吉爽雨

裏日本に西日は永し小鳥引く/松村蒼石

鳥帰る水と空とのけぢめ失せ/沢木欣一

鳥帰る水際はものの影ふえて/松村武雄

胸中の湖あたためて鳥かへる/木村敏男

鳥帰る陳腐な日々の待つ屋根ヘ/櫂未知子

鳥帰る夢のあとさき田が濡れて/藤田三郎

ビーナスの影は闘士よ鳥帰る/大木あまり

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ