季語/初便り(はつだより)を使った俳句

「初便り」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初便り」について

【表記】初便り

【読み方】はつだより

【ローマ字読み】hatsudayori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・年賀郵便(ねんがゆうびん:nengayubin)

・年賀端書(ねんがはがき:nengahagaki)

・賀状配達(がじょうはいたつ:gajohaitatsu)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初便りを含む俳句例

老兄の候文の初便/渡利渡鳥

宮様の菊の御紋の初便/平田縫子

初便り少年友へ鳩放つ/和田祥子

初便り復員学徒故郷にあり/青邨

故郷の母と姉との初便/高浜虚子

初便在東京とあるばかり/田中季春

蓬莱に聞かばや伊勢の初便り/芭蕉

初便り吹越の中来りけり/村越化石

罫赤き用箋に書く初便り/大石悦子

みちのくやいく関の戸を初便/白雄

筆硯や病にかてぬ初便り/石川桂郎

立山の雪を讃へし初便り/山田弘子

満天に星降り来ると初便/中岡利子

洋上にありと一行初便り/田口紅子

初便ふたりに未来あるばかり/文子

北国の友の手漉に初便/徳永/北柿

水茎の跡麗はしき初便り/古市絵未

初便り一子を語るつまびろか/汀女

息かけて磨く眼鏡や初便り/角まさ子

竹のこと竹に任せて初便り/加藤耕子

俳句例:21句目~

ひらがなの名前の大き初便/麻植裕子

初便り友垣古りて美しき/渡辺みかげ

ほのぼのと一会の友の初便/吉田彌生

初便りとは淡々の恋ごころ/山口青邨

初便り覚え始めの大きな字/房前芳雄

鳰も居りわが初だより淡海より/澄雄

差入れの聖書に挟み初便/山内傾一路

恋をせよ煙草を吸ふな初便/野上寛子

おほわだの嶋に旅して初便り/石原舟月

こしらへしばかりの縁へ初便り/飴山實

峡の温泉は朝より雪と初便り/高濱年尾

四君子の梅を描きけり初便り/野村喜舟

八起して文書きつづる初便り/飯田欽一

初便り兄の字劃の固さかな/小野満里子

老来の覇気の溢るゝ初便り/大橋越央子

ふくらんでゐるが嬉しき初便/岩田由美

初手紙書きたきことは短けれど/角川春樹

初便り皆生きてゐてくれしかな/石塚友二

今年また忌にある妹や初便り/金子せん女

一刀彫の竜のもて来し初便り/山田みづえ

俳句例:41句目~

リハビリの筆しつかりと初便り/鶴田/弘

ふたりには未来あるのみ初便り/松原文子

てにをはを使い立てたる初便り/中里麦外

ちちははへ出雲より出す初便り/小島花枝

ロンドンを倫敦と書き初だより/梅村好文

初手紙書きたきことは短けれど/角川春樹

身ごもりしことにも触れて初便/伊東白楊

初便りやさしき故に泣きにけり/今井まり子

網入れし島初だより春になる晴れ/井出台水

退職のことには触れず初だより/宇都宮斧響

大原の時雨るゝとあり初だより/阿部みどり女

初便りひよんなことより彼の君さまヘ/星野立子

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ