季語/笑初(わらいぞめ)を使った俳句

「笑初」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「笑初」について

【表記】笑初

【読み方】わらいぞめ

【ローマ字読み】waraizome

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初笑(はつわらい:hatsuwarai)

・初笑顔(はつえがお:hatsuegao)

・初えくぼ(はつえくぼ:hatsuekubo)

季節による分類

・「わ」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

笑初を含む俳句例

突風へ雀の仕草笑初/後見九朗

突風へ雀の仕草笑初/後見九朗

初笑初泣孫が家の芯/下村ひろし

傍らに人無き如く初笑/高浜虚子

時々は方言の出て初笑ひ/八巻絹子

百日の孫が主役の初笑ひ/竹吉章太

笑ふ嬰を囲み一家の初笑/塩川祐子

縁談の大吉みくじに初笑/田中英子

初笑顔男のつぎの男かな/中井洋子

家中の顔を見分けて初笑/影島智子

一盞をうなづき干して初笑/杉本零

日当りに南天の実の笑初/高澤良一

口あけて腹の底まで初笑/高浜虚子

若き盲女眦ふかく初笑/中村草田男

遮光器土偶がふつと初笑/大森知子

初笑顔男のつぎの男かな/中井洋子

日当りに南天の実の笑初/高澤良一

密談の幼らにして初笑ひ/前田典子

天上に師の顔笑ふ初笑ひ/小出秋光

おほどかに且朗かに初笑/高浜虚子

俳句例:21句目~

水平線より太陽の初笑ひ/吉原文音

水飲んで収む泪や初笑ひ/伊藤浩子

こみ上げて来る幸せの初笑/稲畑汀子

初笑森閑として起りけり/松根東洋城

初笑深く蔵してほのかなる/高浜虚子

咽喉仏見せたる吾子の初笑ひ/上野泰

初笑ひゆゑの涙と思はれず/鷹羽狩行

手術せし腹にひびきぬ初笑/浅井八郎

初笑ひ玩具の犬に描きし髯/沢木欣一

山の子が荷台にあふれ初笑/田島和生

江の島の浜見てきたり初笑ひ/辻桃子

老の口初笑ひして噤むなる/皆吉爽雨

浮雲に尾てい骨あり初笑ひ/田中哲也

病人と思はれぬほど初笑/中田みづほ

初笑山が倒立してゐたる/土見敬志郎

初笑妻閉ぢこめて来し一人/香西照雄

横浜の陳さん李さん初笑ひ/角川春樹

初笑ひ笑つて死ねと今謂はず/小出秋光

初笑ゆぜん神社の高みより/上田五千石

四代を生き来て母の初笑ひ/平田マサ子

俳句例:41句目~

子に和して終に哀しき初笑ひ/小坂順子

笑初わけもわからず皆笑ふ/井上兎径子

みどり児の声とはならず笑初/稲畑汀子

その頬にしづかにたたへ初笑/富安風生

ちゝはゝの顔を覚えて初笑ひ/永松西瓜

みづからに聞かす声あげ初笑/塚本久子

鯉の骨刺さりしなぜか初笑ひ/河野南畦

黒豆のやうな瞳をして初笑/近森あき子

みどり児の声とはならず笑初/稲畑汀子

初笑して口下手をまぎらはす/水野柿葉

泪すこしためたる父の笑初め/石原八束

泪すこしためたる父の笑初め/石原八束

初笑たしなめつゝも祖母笑ふ/星野立子

笑初わけもわからず皆笑ふ/井上兎径子

初笑ふことの何かと発行所/長谷川かな女

重役陣初笑ひして散ることよ/槫沼けい一

太郎冠者釣りしはおかめ初笑/福井まつえ

初笑ひ止まねば泣けるごときあり/井沢正江

初泣きの嬰児そのまゝ初笑ひ/大久保九山人

茶の間には笑初めともなくつゞく/皆吉爽雨

俳句例:61句目~

かしこまる父子おかしさに初笑ひ/木村ふで

茶の間には笑初めともなくつゞく/皆吉爽雨