季語/去年(こぞ/きょねん)を使った俳句

「去年」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「去年」について

【表記】去年

【読み方】こぞ/きょねん

【ローマ字読み】kozo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・去歳(きょさい:kyosai)

・旧年(きゅうねん:kyunen)

・旧臘(きゅうろう:kyuro)

・旧冬(きゅうとう:kyutou)

・古年(ふるとし:furutoshi)

・初昔(はつむかし:hatsumukashi)

・宵の年(よいのとし:yoinotoshi)

・去年今年(こぞことし:kozokotoshi)

季節による分類

・「こ」で始まる新年の季語

・「新年の時候」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

去年を含む俳句例

竹林に旧年ひそむ峠かな/鶏二

旧年を坐りかへたる机かな/素琴

つくばひの氷一片初昔/井沢正江

旧年の畑に忘れし手鍬かな/小泗

雲表にみゆる山巓初昔/飯田蛇笏

葉牡丹に少し残れり去年の雪/松浜

ひかり食む牛の反芻初昔/飯田綾子

わが影に初昔とは懐しき/原コウ子

後山の月甕のごとし初昔/飯田蛇笏

昆布の香厨に残る初昔/秋川ハルミ

去年に似て今春めくや人の顔/斧寛

病室や大き火鉢の去年の灰/有働亨

温泉や水滑かに去年の垢/夏目漱石

練炭に残るほむらの初昔/岡田耕治

はつ夢や正しく去年の放し亀/言水

こころの火落して睡る初昔/鈴木鷹夫

若水や瓶の底なる去年の水/正岡子規

旧年という水槽のごときもの/矢島惠

樫の根の忘れ箒も初むかし/児玉南草

去年に似てどこやら霞む年の内/鬼貫

俳句例:21句目~

旧年の闇ためてゐる落葉山/中山一路

憂き事も去年になりゆく懐しや/瓦全

此の如く去年の暮にも思ひしか/青嵐

淡雪の降りすがりけり去年の雪/蓼太

まだ去年の暦も棚に寒さ哉/横井也有

元朝や去年の火残る置炬燵/日野草城

初燈去年を雌伏の年として/倉田春名

こんな句が先師にありて初昔/高澤良一

旧年の足跡すでに凍てゆるむ/角川源義

ほりかけの臼に残るや去年の雪/沖の家

読初といへども去年の栞より/都筑智子

美しき鯉魚と群れゐし初昔/上田五千石

養生の去年の足許不如意かな/高澤良一

古年の礼ねんごろに母在せり/宮田正和

古年の老酒にうたの頬染めし/深谷雄大

古年の風かけのぼる椋大樹/山田みづえ

去年の眉今朝は嬉しき霞かな/越前-簪

去年の雨一碗に受け墓眠る/坂手美保子

降り出でて忽ち白しさらば去年/林原耒井

歯が一つかけたるままや初昔/遠山草太郎

俳句例:41句目~

雪のせて古巣は去年の夢見をり/堀口星眠

高砂や去年を捨てつつ初むかし/上島鬼貫

悔いもなく古年うせる侘寝かな/飯田蛇笏

手にし出づ吾が旧年のホ句手帳/河野静雲

かゝげたる燭の火明し宵の年/名和三幹竹

宿直する顔も古りたり宵の年/名和三幹竹

去年の雪まゆみの赤き実にのれり/飴山實

去年の鵯来たりて告げり山は雪/吉本和子

去年よりも自愛濃くなる懐手/能村登四郎

喞筒小屋覗けば去年の巨草みゆ/安井浩司

寒駅の四囲の洩れ灯に去年の雪/永井龍男

北限に墨引くごとし去年の貨車/大郷石秋

暁は澄み町川去年の燈をとどむ/山本古瓢

去年の土つけしまま鍬立つてをり/大串章

病葉や石にも地にも去年のやう/前田普羅

稿遅々と去年の大福焼きて食ぶ/永井龍男

膝をつきをりしは去年の雪ならむ/齋藤玄

裏山の闇より去年に入りにけり/藤崎久を

高砂や去年を捨てつつ初むかし/上島鬼貫

初昔子は湯ぶとりか寝ぶとりか/赤松ケイ子

俳句例:61句目~

灯を消してよりありありと初昔/鷲谷七菜子

手袋や去年となりたる昨日のこと/藤岡筑邨

編み残す去年の毛糸のけぶりをり/中嶋秀子

去年の実の柘榴にありて雪降れり/永井龍男

目を覚ます去年繙きしものの辺に/石川桂郎

酒酌んでこの座去年とはなりにけり/前田忠男

樹も氷る池は去年より凍てにける/石橋辰之助

餅焼いて去年がはるけくなりにけり/細川加賀

去年となる一瞬生れし男の子あり/下村ひろし

筆はじめ去年よりの修羅走りだす/小檜山繁子

去年よりの雪小止みなき初湯かな/久保田万太郎

去年の鶴去年のところに凍てにけり/水原秋櫻子

ペン措きて去年の日記となりにけり/佐々木遡舟

ブルトーザー去年の位置のまゝにあり/岸風三樓

ちんぽ皆ぶらさげ正月の朝湯も去年の顔触れ/橋本夢道