季語/空也忌(くうやき)を使った俳句

「空也忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「空也忌」について

【表記】空也忌

【読み方】くうやき

【ローマ字読み】kuyaki

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「く」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

空也忌を含む俳句例

空也忌に拝むや鹿の裘/松瀬青々

空也忌を心に燭を奉る/前田笑子

空也忌やうやうやしげに古瓢/蝶夢

空也忌や寒き方より踊り出し/麦宇

空也忌の鉦も太鼓も寂寂と/和田游眠

空也忌の十三夜月端山より/飯田龍太

空也忌や死土産なる玉の数珠/素風郎

空也忌の夕焼畠の二三歩や/鳥海むねき

下京の夜のしづもりや空也の忌/森澄雄

空也忌の腹あたためぬ豆腐鍋/清水基吉

桶底の木目さだかに空也の忌/丸山哲郎

石投げて空也忌の水冥くせり/山尾玉藻

空也忌のひと時雨またひと霰/綾部仁喜

空也忌のまろくなる虫番なり/高橋暁子

空也忌の鉦打ち廻る腰のばね/有馬朗人

空也忌の板の月ぞまどかなる/飯田蛇笏

空也忌やよく似し人の二人行く/三/里

空也忌や空也が胸の中をゆく/竹腰八柏

西口の出口にまよひ空也の忌/秋山巳之流

みちのくの雲に鳥染む空也の忌/小島岸郎

俳句例:21句目~

空也忌の風の唱へてゐるごとし/山口甲村

京の空けふもしぐれて空也の忌/鳥居涼意

献湯の湯気にむせたる空也の忌/斉藤史子

空也忌やのみどに刺さるの骨/中條角次郎

空也忌のやれ瓢打つ太鼓打つ/前田比呂志

空也忌の京に宿りぬ湯葉料理/高畠明皎々

空也忌の木を伐る虚空抜けにけり/森澄雄

空也忌の松のしぐるるみ寺かな/橋本鶏二

空也忌の虚空を落葉ただよひぬ/石田波郷

自然薯を刺身づくりに空也の忌/吉田紫乃

空也忌の闇が動いてくるやうな/岩淵喜代子

空也忌を知らず空也の寒ムと思ふ/橋本榮治

空也忌や枯れゆく声の野に満ちて/橋本榮治

空也忌の蝦夷地へ紫雲吹きたまる/火村卓造

木の葉みな枝をはなれて空也の忌/鷲谷七菜子

空也忌の護符のひさごの緒の朱く/遠藤みや子

老僧のひよこひよこ踊る空也の忌/吉良ゆき子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ