季語/冬田(ふゆた)を使った俳句

「冬田」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬田」について

【表記】冬田

【読み方】ふゆた

【ローマ字読み】fuyuta

子季語・関連季語・傍題・類語など

・冬の田(ふゆのた:fuyunota)

・休め田(やすめた:yasumeta)

・冬田道(ふゆたみち:fuyutamichi)

・冬田面(ふゆたのも:fuyutanomo)

・雪の田(ゆきのた:yukinota)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の地理」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬田を含む俳句例

雁鴨の喰物探す冬田哉/吟江

稲茎に青草のこす冬田哉/宗因

雪田の一点熊の帰るなり/涼斗

鷺點じ日輪點じ大冬田/星野立子

氷るへき水さへ絶し冬田哉/左簾

荒海に日上り冬田小さゝよ/石鼎

冬田刈夕ぐれ人のひとり哉/暁台

何あさる人ぞ冬田の泥浅く/五城

鶏を抱いて冬田の端にゐる/原田喬

洋傘の裡のみ紅し冬田ゆく/桂信子

林に雪田に雪村に残る雪/高澤良一

石室へ又雪田を渡らねば/高濱年尾

藪蔭の浮草赤き冬田かな/寺田寅彦

雨水も赤くさびゆく冬田かな/太祗

玄関を水で流して冬田打つ/中拓夫

刈株に鶺鴒下りる冬田哉/寺田寅彦

家康公逃げ廻りたる冬田打つ/風生

冬田より夕日の鴉上田城/大野林火

墓守が耕す冬田空小さし/細見綾子

汽車の窓冬田歪みて線と消ゆ/種茅

俳句例:21句目~

後まきは冬田になびく稲葉哉/昌叱

痩牛の白昂然と冬田鋤く/有馬朗人

冬田尻確と見えくる亡波郷/斎藤玄

山腹の冬田の上や昼の月/寺田寅彦

心貧し冬田は昼も暮色満つ/有働亨

わが生の中盤冬田畳々と/古館曹人

冬田畔に居りしが急に放れ馬/碧童

父の骨冬田の中を帰りけり/大串章

楢の影榛の影落す冬田哉/角田竹冷

冬の田も遊べり鶏と犬を容れ/狩行

法起寺の塔の裾まで冬田かな/ゆき

冬の田や石処々顕れぬ/野田別天楼

初明りあしたの雪の田に里に/徂春

食器白く月光乾きゆく冬田/大井雅人

水口の辺りは青し冬田かな/南/耕風

風音の虚空を渡る冬田かな/鈴木花蓑

常闇の空を照せる冬田かな/芝不器男

たのみなき若草生ふる冬田哉/炭太祇

陰惨と見るべきならむ冬田あり/瓜人

鉱泉へゆく道のあり冬田中/田中冬二

俳句例:41句目~

酒蔵の大きな影の冬田かな/望月皓二

みどりまだ残る冬田や狐雨/岡村月子

御針子の窓に一枚冬田かな/前田普羅

冬の田の秩父おろしに濁りけり/鬼城

烏去り冬田の渇きまぎれなし/有働亨

太陽と鴉とあそぶ冬田かな/室積徂春

冬田道一列歩行の仲間たち/原子公平

赤い風船ばかり冬田の風船売/岸田稚

象潟は陸になりける冬田哉/寺田寅彦

象潟の家はうつ伏せ冬田べり/村田脩

豊年の跡寂として冬田かな/大谷句佛

冬田圃晴夜の村を彼方にす/岡田林雪

冬田にて子に滾々と母の乳/谷野予志

汽車道の一段高き冬田かな/子規句集

冬田打つ産土神に見守られ/田中政子

煙草火に冬田は闇を匂はしぬ/有働亨

招提の松が見ゆなり冬田水/細見綾子

冬田みち歩き秋篠寺に入る/松元桃村

冬田来て詣づる人や国分寺/野村喜舟

冬田水古鏡の如く静もりて/後藤麓村

俳句例:61句目~

山痩せて越の冬田に重りぬ/古館曹人

松林冬田の風を堰きいたり/古沢太穂

神楽舞終へて冬田を耕せり/佐川広治

冬の田に消ゆるピアノの音惜む/誓子

脚高く鴉吹かるる冬田かな/石原舟月

積藁の夜半に燃えたつ冬田かな/六花

冬田鳶飛ばんとしたる大翼/清原枴童

卒業のこの雪の田も水音す/桜井博道

雪の田に黒一点の羽摶くも/今泉貞鳳

雪の田の上に雪舞ふ大旦/坂本山秀朗

圏谷の雪田風吹き夕日さす/岡田日郎

行く我に星も従ふ冬田かな/西山泊雲

火ロ湖に浸る雪田の裾真青/福田蓼汀

歯車に縄を通して運ぶ冬/田川飛旅子

冬田打みづからの影深く打ち/藤井亘

熱の中冬田に黄なる焔を恐れ/小宮山遠

冬田打つ母は白髪しかと結ひ/内田長舟

冬田空工場の入日となれり/河東碧梧桐

杜いでゝ冬田明りの老婆たち/長谷川双

冬田越しに巷つくれる灯かな/富田木歩

俳句例:81句目~

冬田道弥太郎一茶通りけり/鈴木しげを

校長の自転車冬田風を切り/百合山羽公

土佐冬田ちんば歩きの放し鶏/細川加賀

地獄絵を黒羽に吊る冬田かな/古舘曹人

埓も無く工場建てける冬田哉/寺田寅彦

夜は神と遊びて峡の冬田打つ/尾崎隆則

老人のゆくてゆくての冬田光/飯田龍太

次の田に畦の影ある冬田かな/倉田紘文

家めぐる冬田の水の寒さかな/正岡子規

白鷺にしばらく冬田明りかな/澤村昭代

真夜中の冬田を越ゆる雨の音/松村蒼石

縄文の冬田にねむる雁の群/小島千架子

翳りきて茂吉の冬田とぞ思ふ/飯島晴子

茶にむせて涙零しぬ老の冬/田中蛇々子

草や木の魂飛ぶ冬田日和です/栗林千津

蔵王堂見ゆる尾の上の冬田打/南光翠峰

裏口に冬田のつづく遊び人/鈴木六林男

走者また走者冬田に雲満ちて/橋本榮治

冬の田の馬上にすくむ影法師/松尾芭蕉

踏みはづすあらぬ思ひの冬田道/斎藤玄

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ