季語/皸(あかぎれ)を使った俳句

「皸」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「皸」について

【表記】皸

【読み方】あかぎれ

【ローマ字読み】akagire

子季語・関連季語・傍題・類語など

・あかぎり(あかぎり:akagiri)

・皸薬(あかぎれぐすり:akagiregusuri)

季節による分類

・「あ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

皸を含む俳句例

皸やほそ谷川は石高み/才麿

皸や貧に育ちし姉娘/正岡子規

煙あげて皸薬貝の中/今村野蒜

皸へ筑波土産のがま膏/岡野寛人

胼多き皸多き手足かな/正岡子規

胼皹以下に百効百草湯/大石悦子

皸をかくして母の夜伽かな/一茶

皸や母の看護の二十年/正岡子規

皹や遊女の恋を琴に弾き/熊丸淑子

皹は母似父より医業継ぎ/土屋巴浪

皹の胼の薬も問はれけり/谷口雲崖

皸や棕櫚縄太う車井戸/東洋城千句

皹の痛むや星のあらぬ夜/渡辺民子

皹の指講宿の炉にかざし/佐藤欽子

元日の暮れて日課の皹薬/榎本栄子

皹の指にあつまる水の声/萩原玉子

皹の妻の手一年長かりし/椎橋清翠

初発心痩せ皹がまた痛む/西田孤影

客僧の皹手入あちらむき/河野静雲

擲ちし妻の座遠し皹も/山田みづえ

俳句例:21句目~

胼の手を皹の足を己かな/尾崎迷堂

下男下女胼皹を話し居る/岡村三鼠

皹のこの手生涯自分の手/福田蓼汀

皹や稍稍熱き湯のしみ心地/会津八一

皹や矢取りする子の藁草履/寺野竹湍

永らへしおのが皹母ゆづり/山吹静子

皹を少し気にして同窓会/矢口由起枝

太郎冠者皸しるき手ぞ大き/三宅句生

皸の小さき手もて歌を抱き/石原八束

寝ほてりの吾子の頬なる微塵皹/篠原

愚痴つぽく皹が又疼き出す/西村和子

皹を獅子身中の虫という/宇多喜代子

藍ふかく滲む皹の二三すぢ/西村旅翠

姑やあかゞりの手の恐ろしき/正岡子規

子の下宿誘ひて皹ふやしけり/斎藤節子

皸といふいたさうな言葉かな/富安風生

皸に糸のくい入る夜機かな/村松かず枝

皸のなき手を見せて陶土練る/稲畑汀子

皸の妻おのれ諸共あはれなり/石塚友二

皹ぐすりつけぬ筆墨あらたゆゑ/及川貞

俳句例:41句目~

皹の手に縫ひにくし絹の物/中宮喜代子

皹の手もて売らるる鶏を撫づ/福田蓼汀

皹の手より受けたる泥の葱/白岩てい子

あかゝりや局住居は去年の梦/正岡子規

皹薬つけてより紅絹縫ひ始む/敦賀皓子

あかゞりや京に生れて京の水/正岡子規

あかゞりや傾城老いて上根岸/正岡子規

匙落ちし音皹にひびきけり/百合山羽公

藁傷の皸となりつゝ晩稲刈る/立川史朗

土筆摘む手に皹の未だのこる/田中冬二

皸の娘のほてる手に触はられぬ/飯田蛇笏

そとかくす皸の手を見のがさじ/臼田亜浪

皹の娘のほてる手に触はられぬ/飯田蛇笏

皸のところにばかり物あたる/藤原風驚子

皸の手入れがすめば寝るばかり/児玉葭生

あかゞりのわれる夜半や霜の鐘/正岡子規

あかゞりに油ぬりつゝ待つ夜哉/正岡子規

皸の母のおん手に触れにけり/宮部寸七翁

皸の脈打ちてぞ夜をさいなめる/藤田光子

皸のてのひら見せて嗤はるゝ/久保田十水

俳句例:61句目~

箸にかかりにくき麦飯皹いたむ/大熊輝一

爪に絵を描きて皹など知らず/杉原/佳子

あかゞりを吹きうづめたる吹雪哉/正岡子規

あかゞりやまだ新嫁のきのふけふ/正岡子規

あかぎれをかくそうべしや今年妻/前田普羅

あかきれやまた新嫁のきのふけふ/正岡子規

田の皹に風しむ夜なり一茶の忌/伊藤三十四

新参の身にあか~と灯りけり/久保田万太郎

身の冬の皹あかぎれの薬かな/久保田万太郎

ほてる皸眠らんと手をゆるくひらき/安藤正一

あかぎれ膏貝詰なるがたのもしき/水原秋桜子

あかゞりの手をいたわりて泣く夜哉/正岡子規

皹の手よまたと会う日のすでになし/鈴木六林男

あかぎれを知らぬ子と鶴折りにけり/改田以久代

働けば口あく皹に膏薬を食わせている/栗林一石路

あかぎれをきらしたる手やおもひもの/久保田万太郎

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ