季語/初句会(はつくかい)を使った俳句

「初句会」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初句会」について

【表記】初句会

【読み方】はつくかい

【ローマ字読み】hatsukukai

子季語・関連季語・傍題・類語など

・新年句会(しんねんくかい:shinnenkukai)

・句会始(くかいはじめ:kukaihajime)

・初運座(はつうんざ:hatsunza)

・運座始(うんざはじめ:unzahajime)

・初披講(はつひこう:hatsuhiko_)

・初懐紙(はつかいし:hatsukaishi)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初句会を含む俳句例

中の誰が起す風雲初句会/林翔

鴉鳶鵙鵯の声初句会/松根久雄

窓近く東山あり初句会/岩崎照子

見渡して誰彼若し初句会/小出秋光

嘱目に枯尾花あり初句会/富安風生

角櫓明るく見ゆる初句会/原山英士

初句会星美しき家路かな/内藤豊子

天寿国隅許されし初句会/田仲了司

上人と一つ火桶に初句会/原田浜人

小短冊綺麗に揃へ初句会/高濱年尾

折詰の紐の赤房初句会/猿橋統流子

枯芝を踏んで囑目初句会/吉屋信子

眼前に東山あり初句会/五十嵐播水

厨より妻も出句や初句会/宮下翠舟

老眼の眼鏡清めて初句会/星/陽子

初句会何はともあれ机出す/高木晴子

遺されし筆硯座右に初句会/星野立子

屑籠の編目に日透く初句会/沢木欣一

妹がりの初句会とて五六人/高濱年尾

松とれし町の雨来て初句会/杉田久女

俳句例:21句目~

沈丁はもう赤らみて初句会/星野立子

俳句莫迦ばかり集り初句会/高澤良一

初句会浮世話をするよりも/高浜虚子

初句会確かむ紙の裏おもて/高澤良一

御幸橋渡りて来たる初句会/渡辺しづ

吾のみに火桶たまはる初句会/滝春一

小人数の親しき仲の初句会/松本たかし

大川を窓下に見つつ初句会/長屋せい子

紙といふこの白きもの初句会/池田秀水

ゆらゆらと人妻の香や初句会/鈴木鷹夫

初句会ふたたび運を賜はりぬ/徳光光女

辰年の辰の日なりし初句会/脇本良太郎

山の気に声ややさぶる初披講/栗生純夫

大学のまんなかにある初句会/田中朗々

初句会綺麗に句箋裁たれたり/野村喜舟

受付のロビー華やぐ初句会/長崎小夜子

壁に杖立てかけてあり初句会/高澤良一

ねんごろな言伝とどき初句会/中村汀女

持ち古りし歳時記大事初句会/吉屋信子

字余りの如き余生や初句会/吉野香風子

俳句例:41句目~

まむかひに海と山ある初句会/峰尾みち子

みづうみを見て来し旅や初句会/角川春樹

初句会亡き師に会はん心地して/山田凡二

初句会人みな老ゆること忘れ/山崎千枝子

丸ビルの最後の初句会となり/稲畑廣太郎

嬰留守の揺りかごのぞく初句会/植村通草

初句会終へたる帯をゆるめけり/館岡沙緻

法華寺さま菓子も薄紅初句会/澤田弦四朗

初句会既に二十日も過ぎんとす/高浜年尾

初句会旅戻りなる顔もありぬ/松根東洋城

平凡に老いて座にあり初句会/宮内保寿庵

軍靴古りほとんどを占め初句会/永井龍男

生涯の句なり君とりてよ初句会/山口青邨

初句会手の切れさうな空を詠む/杉野諒一

鐘も経も聞こえて庫裏に初句会/山田弘子

雨降りの小間はよきかな初句会/高木晴子

初句会末座に闘志しづかなり/長浜大薩子

美しき菓子を持ち寄り初句会/岡部六弥太

はなやぎてをみなばかりの初句会/中村澄子

窓の富士いときはやかや初句会/徳永山冬子

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ