季語/女正月(おんなしょうがつ/めしょうがつ)を使った俳句

「女正月」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「女正月」について

【表記】女正月

【読み方】おんなしょうがつ/めしょうがつ

【ローマ字読み】onnashogatsu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「お」で始まる新年の季語

・「新年の時候」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

女正月を含む俳句例

人形の女正月草の庵/後藤夜半

八十の媼と遊ぶ女正月/佐野美智

女正月面の中にて笑ひけり/橋本薫

一日を有馬に過す女正月/千原草之

女正月笑ひざうめく一間かな/羊我

声高に襤褸もち出づる女正月/源義

売薬の風船つけり女正月/沢木欣一

露天湯へ篁撓む女正月/徳永野歩女

肱ついて女正月遊びけり/後藤夜半

神鏡の今日の輝き女正月/高木禮子

女正月祝ひ引越はじまりぬ/稲畑汀子

鱗一枚魚を離れず女正月/小泉八重子

高菜漬きりりと辛き女正月/小坂順子

鍋蓋で戯れ舞ひ神楽女正月/米田一穂

女正月電話の中に時計鳴る/中村明子

針山に針あそばせて女正月/山中千香

折鶴のなかに病む鶴女正月/鷹羽狩行

女正月眉間に鳥の影落つる/飯島晴子

鍋に火を入れて人待つ女正月/古舘曹人

カステラの端より乾き女正月/長島たま

俳句例:21句目~

玄関に日の差してゐる女正月/宮津昭彦

女正月一升あけて泣きにけり/高村遊子

女正月厳父の馴れぬ厨ごと/伊阪美祢子

女正月和服まとはぬこと久し/横山房子

女正月明治の古き藍微塵/長谷川かな女

女正月機織場から燈を招んで/武良山生

古稀祝ふ茶室びらきや女正月/花房敏子

女正月青きひかりの魚買ひて/杉山加代

悪口もおのろけのうち女正月/深沢暁子

枷解かる朝湯の奢り女正月/坪井のぶ子

栃餅の歯切れよろしき女正月/村上麓人

株分けの洋蘭咲かす女正月/秋川ハルミ

横顔のカメオを胸に女正月/加藤三七子

箕の中に多賀のお多福女正月/伊藤敬子

組皿のいち枚欠くる女正月/佐々木良子

吉野葛椀に透きゆく女正月/野見山ひふみ

漏れし灯に籬まみどり女正月/山口みちこ

女正月伊豆の紺青欲しいまま/横山左知子

女正月みくじの喜憂持ちあるく/井桁衣子

女正月印度カレーを欲しけり/小島千架子

俳句例:41句目~

芝居見に妻出してやる女正月/志摩芳次郎

女正月子を連れて且つみごもりて/安住敦

女正月のど剃りあげて鳥になる/熊谷愛子

門川に菜屑あをあを女正月/鍵和田ゆう子

女正月口のおだやかな雑木山/藤本安騎生

子を泊めて灯の濃かりけり女正月/伊藤京子

帯締めて貰ひしかたさ女正月/阿部みどり女

女正月ふぢいろのこの酔ひごころ/熊谷愛子

女正月集ひて洩れもなかりけり/山崎ひさを

女正月つかまり立ちの子を見せに/中野三允

女正月「忘れ残りの記」は寂か/中尾壽美子

にはとりの鳥屋にかたまる女正月/竹田登代子

女正月帰路をいそぎていそがずに/柴田白葉女