季語/初紅葉(はつもみじ)を使った俳句

「初紅葉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初紅葉」について

【表記】初紅葉

【読み方】はつもみじ

【ローマ字読み】hatsumomiji

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

初紅葉を含む俳句例

戸隠は花鳥道場初紅葉/西本一都

初紅葉少し離れて離山/若本彰子

粧ひし山の片袖初紅葉/高浜虚子

長城へ切火を放つ初紅葉/神蔵器

さし鯖や鮒より先の初紅葉/信/徳

秋もはや岩にしぐれて初紅葉/許六

ダム広き裏大雪や初紅葉/鮫島交子

初紅葉典座の膝を正したる/石嶌岳

初もみぢ馬に跨る親王に/高澤良一

灰皿の白き嵐気や初紅葉/中島月笠

禅林へ渡す電線初紅葉/丸山しげる

老櫻のまづ一枚の初紅葉/川口厚子

初紅葉色が叫んで居りにけり/蔦三郎

初紅葉石山の石ぬれそぼち/奈良鹿郎

初紅葉ひとの娘の婚期ふと/藤田湘子

まだ青の領域にして初紅葉/藤崎久を

天照大神そもそもの初紅葉/渡辺恭子

年々やあの山の端の初紅葉/村野蓼水

山水のはや力抜き初紅葉/内山せつ子

堰といふ水の切口初紅葉/上田五千石

俳句例:21句目~

千段の登りつめれば初紅葉/土井朝子

初陣の功の如くに初紅葉/後藤比奈夫

初紅葉鳥翔つて声残しけり/河野南畦

初紅葉石の蓋して石の井戸/村上沙央

初紅葉せる羞ひを杉囲み/能村登四郎

柴漬の味ののりきし初紅葉/宮下麗葉

海光の山門を入り初紅葉/梶山千鶴子

初紅葉甘えたくなる色にかな/高田自然

暮れ際を山あかりして初紅葉/遠藤正年

太陽の切つ先に触れ初紅葉/木暮陶句郎

尾根さらに尾根を岐ちて初紅葉/有働亨

おん滝を神とす山の初紅葉/豊長みのる

かくれては現る別の初紅葉/阿波野青畝

てりたてて夕日うすづけ初もみぢ/野童

初もみぢ石山肌を見せをれば/木津柳芽

初紅葉あな恥づかしの天照寺/高澤良一

初紅葉して傾ける大樹かな/粟屋多慶男

親し名の志賀や端山の初もみぢ/及川貞

初紅葉枯枝拾ひに来てひとり/渡邊水巴

闇からぬ空はともあれ初もみぢ/千代尼

俳句例:41句目~

餅の湯気両手にのこり初紅葉/姉崎蕗子

今日の旅今日の詩となす初紅葉/原田孵子

中食や鮎の煮びたし初もみぢ/大場白水郎

ひとごゑのかへる深山の初紅葉/菊地一雄

湖まぶしく神の宇佐山初もみぢ/岸風三楼

滝不動水にうつして初紅葉/安部/トシ子

初もみぢ明かりの及ぶ岩湯かな/鷹羽狩行

初紅葉ひき立て役は地味づくり/中村明子

初紅葉はだへきよらに人病めり/日野草城

子にかける嘆きあきらめ初紅葉/中村汀女

初紅葉遮るものにつゞりけり/阿波野青畝

切符買うて手毎にかざせ初紅葉/尾崎紅葉

初もみぢ朝いちはやき日のなかに/木津柳芽

ジヨギングのゼッケン清し初紅葉/近藤雅恵

初もみぢかぶる帽子をえらびけり/石川文子

初もみじ朝いちはやき日のなかに/木津柳芽

川の面にをんなのこゑや初もみぢ/星野麥丘人

踏み分けて行けぬところに初もみぢ/遠藤若狭男

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ