季語/運動会(うんどうかい)を使った俳句

「運動会」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「運動会」について

【表記】運動会

【読み方】うんどうかい

【ローマ字読み】undokai

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋季大運動会(しゅうきだいうんどうかい:shukidaiundokai)

・体育祭(たいいくさい:taiikusai)

季節による分類

・「う」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

運動会を含む俳句例

運動会今金色の刻に入る/堀内薫

上空も運動会の風流る/後藤昌治

綱引の声が運動会の声/辻本斐山

秋高く運動会の日和哉/巌谷小波

運動会庭の平を天に向け/山口誓子

運動会少年少女脚長く/副島いみ子

欅散る運動会は帽子取り/細見綾子

島の家大方留守や運動会/河野美奇

島中に運動会の拡聲機/八木林之介

一村の運動会ぞ大漁旗/金箱戈止夫

蒟蒻の捩れし料理運動会/武田忠男

赤白の二色動ける運動会/右城暮石

老い進む三町内の運動会/高澤良一

空伝ひ町内運動会のこゑ/高澤良一

鳥渡る運動会の海苔巻手に/杉本寛

門司小学校波音の運動会/野中亮介

四等を喜こぶ末子運動会/稲畑汀子

校長もころげ運動会日和/服部海童

狂人を馳らす秋晴運動会/岩田昌寿

運動会敬老席に居眠れる/清水文江

俳句例:21句目~

運動会昔も今も椅子並ぶ/横山佳世子

運動会母ら縫ひたる球を投ぐ/大串章

ねかされて運動会の旗の束/千葉皓史

のつぴきのならぬ白線運動会/山口速

鉄棒もシーソーも空き運動会/湯川雅

鳥一羽運動会を横切れり/相生垣瓜人

三世代リレーで終る運動会/新井塘水

体育祭男女相寄る輪を画き/河野南畦

他人の如く運動会の妻踊る/富田直治

厨子王も安寿も秋の運動会/西本一都

吾子が駈け我が心駆け運動会/秋沢稔

大漁旗ふりて岬の運動会/小田実希次

天が下運動会をくりひろげ/清崎敏郎

山吹や諏訪の工女の運動会/前田普羅

来賓の姿勢つづきぬ運動会/岡本高明

校長も借り物のうち運動会/茨木和生

牧草の野ずゑ運動会の旗/井沢佐江子

盲学校の運動会の土けむり/吉田汀史

秋晴の運動会をしてゐるよ/富安風生

人妻に手荒く曳かれ運動会/山本白羊

俳句例:41句目~

笛ふいて長蛇みちびき運動会/赤松子

精神科運動会天あけひろげ/平畑静塔

臑毛濃き運動会のお父さん/高澤良一

木曽谷の運動会の早じまひ/大島民郎

赤蜻蛉運動会の日となりぬ/子規句集

運動会午後へ白線引き直す/西村和子

体育祭ある山の町霧ごめに/伊東宏晃

運動会少女の腿の百聖し/秋元不死男

つぎつぎの運動会や秋の行く/前田普羅

ばつた飛ぶ運動会の背後にて/右城暮石

人妻をむんずと借りて運動会/太田寛郎

帰郷して小さき運動会を見る/桜井幹郎

運動会今鳴る拍手吾子のもの/毛塚静枝

運動会列に収まりきれずをり/西村和子

朝の晴午後につなぎて運動会/稲畑汀子

小さき手大きく振つて運動会/乙津喜美

運動会嶺より絶えず雲の使者/辻田克巳

子を走らす運動会後の線の上/矢島渚男

手廂に子を追ひかけて運動会/土生重次

振れば鳴る紙の旗かな運動会/野村喜舟

俳句例:61句目~

運動会子の手握れば走りたし/加藤憲曠

運動会裏拍を踏むマーチかな/吉原文音

運動会近しよブラス風に乗り/高澤良一

吾子居らぬ運動会を覗きけり/本橋美和

青空をみんな連れきて運動会/坂部新蔵

飛び入りの多くて村の運動会/村田軍司

運動会ころべば砂の味のして/藤本陽子

運動会終へし茜の空仰ぐ/本西/満穂子

胸で切るゴールテープや運動会/丹羽啓子

自販機の品切れランプ運動会/前川千可子

運動会授乳の母をはづかしがる/草間時彦

運動会果てたる木の葉舞ひにけり/樋笠文

運動会どこかにあつて風に聞ゆ/稲葉緑風

ちびっこの駆け足ぱたぱた運動会/高澤良一

ピストル役は誰にも譲らず運動会/奈良文夫

運動会の少年ヨードチンキ塗る/加藤かけい

肩の案山子運動会を見つつゆけり/今村俊三

吾子を追ふカメラの駈ける運動会/加藤一智

運動会の声三井寺をのぼりくる/長谷川よしじ

孫とはこれか総身「小さき運動会」/中村草田男

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ