季語/初染(はつぞめ)を使った俳句

「初染」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初染」について

【表記】初染

【読み方】はつぞめ

【ローマ字読み】hatsuzome

子季語・関連季語・傍題・類語など

・染始(そめはじめ:somehajime)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初染を含む俳句例

初染や亀甲白き藍絞り/和田祥子

初染や藍の泡立ち快う/高田蝶衣

かしは手に甕の応ふる染始/向井秀

初染の藍流れ込む紙屋川/岡田ふさの

初染を素十好みといふ色に/嵐野径雪

盛り上る藍の瑠璃光染始/由木みのる

練釜もともに湯気上ぐ染始/但馬美作

初染の甕ぬちくらき吊灯かな/高田蝶衣

初染の藍のきげんを喜びて/浅野弓道人

初染めの藍のきりきり立つてくる/平井照敏

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ