季語/ヘリオトロープを使った俳句

「ヘリオトロープ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「ヘリオトロープ」について

【表記】ヘリオトロープ

【読み方】へりおとろーぷ

【ローマ字読み】heriotoropu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・においむらさき(においむらさき:nioimurasaki)

・香水木(こうすいぼく:kosuiboku)

季節による分類

・「へ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

ヘリオトロープを含む俳句例

一鉢のヘリオトロープ愛し嗅ぐ/上村占

花市のヘリオトロープ香を放つ/小高憲司

茅屋に妻のヘリオトロープ咲く/辻田克巳

蝶惑ふヘリオトロープ低きあたり/木村恊子

ヘリオトロープ咲き極りて強き香を/古川芋蔓

ヘリオトロープ紫の呼吸ひそやかに/文挟夫佐恵

ヘリオトロープ船旅ははや倦む日日に/大津希水

ヘリオトロープ香籠めに千々の濃紫/文挟夫佐恵

ヘリオトロープ葉巻きのけむり触れて消ゆ/大野雑草子

啄木をころしし東京いまもなおヘリオトロープの花よりくらき/伊藤一彦

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ