季語/春暑し(はるあつし)を使った俳句

「春暑し」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春暑し」について

【表記】春暑し

【読み方】はるあつし

【ローマ字読み】haruatsushi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・暑き春(あつきはる:atsukiharu)

・春の暑さ(はるのあつさ:harunoatsusa)

・春の汗(はるのあせ:harunoase)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

春暑しを含む俳句例

春の汗して男神ある峠越/森澄雄

胸中に春の鱶ゐて春の汗/辻桃子

陽炎や春の汗干下小袖/松岡青蘿

敵潰え春暑き大黄河あり/片山桃史

春暑く花鋪朝の水うてり/西島麦南

春暑し赤き椿に風吹いて/岸本尚毅

黒服の春暑き列上野出づ/飯田龍太

春の汗して絶食十日頭冴ゆ/相馬遷子

春暑う蟹漁り子の裸かな/金尾梅の門

梨棚の地に画く影は春暑き/富安風生

石の天使半顔黒く春暑し/八牧美喜子

鳩負ふや春の日焼に春の汗/相馬遷子

八重干潮は消えゆく磯よ春暑し/加藤勇

春の汗胸肌は秘すこころおき/飯田蛇笏

春暑くうす雲まとう深山かな/飯田蛇笏

春暑し影むらさきに野の女/佐藤惣之助

春暑し我も持ちたる写楽の鼻/小坂文之

若ものの息につゝまれ春暑し/原コウ子

遺作展春の暑さに耐へざりき/石田波郷

郷の地を一途にふみて春暑き/飯田蛇笏

俳句例:21句目~

夫の名の巨花胸にして春の汗/石田あき子

春暑し御所に防犯ベル鳴つて/鈴木しげを

春暑し恵比須祭も疾くすぎぬ/星野麦丘人

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ