季語/春の風邪(はるのかぜ)を使った俳句

「春の風邪」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春の風邪」について

【表記】春の風邪

【読み方】はるのかぜ

【ローマ字読み】harunokaze_

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春の風邪を含む俳句例

ちび筆に俳諧うとし春の風邪

熱の眼に花の格闘春の風邪/林翔

太陽の黒点増ゆる春の風邪/小澤實

東京の噂妬まし春の風邪/西村和子

泡盛の壜さげ春の風邪見舞/富田潮児

水薬泡立てて飲む春の風邪/宮坂静生

春の風邪机の果の没日かな/加藤楸邨

隆くして美しき鼻春の風邪/後藤夜半

春の風邪涙もろさの性かくす/杉本寛

鉛筆を短くもちて春の風邪/岡田史乃

虚と実の間に引いて春の風邪/福島勲

皆勤賞目前にあり春の風邪/岡田順子

死にかけし春の風邪を物語/下村槐太

口中もまた貧農夫春の風邪/相馬遷子

深海の蒼さと思う春の風邪/和泉真樹

吊皮に背高く眠し春の風邪/桂樟蹊子

春の風邪いろ美しき薬購ふ/菖蒲あや

天罰のいや天啓の春の風邪/鷹羽狩行

聡明の顔しすぎゐる春の風邪/赤尾恵以

臥て薄き女いち枚春の風邪/稲垣きくの

俳句例:21句目~

弟は漫画が好きで春の風邪/田野岡清子

いつも猫胸に抱きて春の風邪/茂野六花

息災にして賢ならず春の風邪/青木重行

戻りきし夫に灯され春の風邪/八染藍子

足の甲秀でて春の風邪の夫/赤松けい子

近々と鳥のまなこや春の風邪/酒井絹子

すれちがふ闇の風邪声春近し/林原耒井

その因は恋情にあり春の風邪/池田澄子

風邪抜けて春の雪とも至福とも/斎藤玄

旅疲れ癒え春の風邪残りをり/稲畑汀子

飴なめて春の風邪とて親しめり/及川貞

春の風邪ときには弥陀もひき給え/橋石

また橋に戻るあやとり春の風邪/森久子

鴎ひとつ舞ひゐて春の風邪心地/安住敦

もも色の薬まろばせ春の風邪/森本節子

春風邪の鬱をまとひて披露宴/筑紫磐井

春の風邪まぶたのうらに蝶無数/伊藤凍

春の風邪会議に青き海見えて/神尾季羊

春の風邪夢の中より貰ひけり/本橋美和

マダムX美しく病む春の風邪/高柳重信

俳句例:41句目~

春の風邪心の張りの失せし隙/西村和子

春風邪をひいて紫じみてゐる/細見綾子

二三日はなはだ寒し春の風邪/木村蕪城

春の風邪艮に猫群るるらし/相生垣瓜人

春の風邪賜りものと思ひけり/岩田由美

気がむけば厨にもたち春の風邪/堤澄女

病にも色あらば黄や春の風邪/高濱虚子

白粥に溺れてゐたる春の風邪/木村敏男

あかあかと灯して春の風邪ごこち/西山誠

春の風邪柱ぬくめて人去りぬ/稲垣きくの

鼻といふ憂きものありし春の風邪/稲岡長

鼻少しゆるみしばかり春の風邪/高浜年尾

うるむ目も長き睫も春の風邪/梅田実三郎

春の風邪女たちにはうつすまじ/後藤夜半

しんがりは妻が勤めぬ春の風邪/石塚友二

買ひぐすり世に倦む夫の春の風邪/及川貞

珈琲の味も香もなく春の風邪/植木千鶴子

生返事してゐて春の風邪らしや/小堀弘恵

びろうどの花活け逓吏春の風邪/宮武寒々

みそ汁に少しの苦味春の風邪/佐藤きよ子

俳句例:61句目~

春の風邪洩れ日の燠を杉山に/鳥居おさむ

春の風邪月しづくせる枝の先/柴田白葉女

キヨスクで咽飴を買ふ春の風邪/梅沢信作

目覚めればすでに夕翳春の風邪/菅野一狼

一書簡より春の風邪はじまれり/細川加賀

真つ白な犀が来てゐる春の風邪/齋藤愼爾

砂浜に日あたれば憂き春の風邪/山口誓子

右脳のうつらうつらと春の風邪/野木桃花

老大事春の風邪などひくまじく/高浜虚子

娘へ父の受賞を告げる春の風邪/岡田史乃

学級閉鎖喜ぶ吾子も春の風邪/稲畑廣太郎

耳掻きの鈴がちりちり春の風邪/三村純也

年ごとの春の風邪とて迎へけり/細川加賀

手の届くところに眼鏡春の風邪/椎橋清翠

自画像の視線に射られ春の風邪/都筑智子

蒲団着て手紙書くなり春の風邪/正岡子規

春の風邪あなどり遊ぶ女かな/三宅清三郎

春の風邪なほ三猿をきめこんで/河野南畦

春の風邪はるかなる母の糸車/徳永山冬子

薄墨に書きゐて春の風邪ごこち/八染藍子

俳句例:81句目~

行動を端折らぬままに春の風邪/山田弘子

春の風邪眼の奥破片ばかりなり/岡本政雄

春の風邪押して腰元役者かな/中村七三郎

春の風邪ひとの別れを駅に見て/内田美紗

死を恐れず風邪を恐れて春炬燵/高橋悦男

春の風邪気まま我がまゝ云ひ疲れ/上村占

ぬばたまの闇に灯消して春の風邪/中村汀女

逢ふことを重ねつつ癒え春の風邪/山田弘子

金泥を塗られしごとき春の風邪/大木あまり

こいびとを日がな眺めて春の風邪/池田澄子

春の風邪街にコーヒー黒く沸く/猿橋統流子

主婦忙しいつしか春の風邪なほり/稲畑汀子

はじまりは仮病なりけり春の風邪/内田美紗

犬のあくび真向に見る春の風邪/河野多希女

春の風邪修二會の女人よりもらふ/大屋達治

魔女といふ綽名のひとの春の風邪/内田美紗

長びきて呼び名今日より春の風邪/朝倉和江

亡きひとの夢に来しより春の風邪/野澤節子

ふるさとに春を風邪寝の波の音/鈴木真砂女

定年後をふた言三こと春の風邪/山本つぼみ

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ